誰も語らない、トランプ現象を生み出した「歴史の原理」とは何か?

<道徳感情>で激動の世界を読み解く
管賀 江留郎 プロフィール

さらに、デマやフェイクニュースや陰謀論など、通常なら一部の変わった連中にしか通用しないおかしな話が大きな力を持って世の中を動かしてしまったりするのも、格差が広がった時代の特徴のひとつです。

これも<道徳感情>が刺激されて因果に異様にこだわる人間の性質が増幅され、因果のないところに因果を見出だし単純な図式的因果である物語に取り憑かれてしまうためなのでしょう。

デマには惑わされず、格差の原因がよく判っていた人でも、オバマが正しくチェンジしてくれると信じてたのに駄目だったので、やけくそになってすべてをぶっ壊してもらおうとトランプ支持に回ったりしました。

これもまた平等を求めて、そのためには自分が損をしても構わないという数百万年の進化が形成した人間の本性の発現ではあります。

そんななかでもオルタナ右翼は移民排斥などの単純な物語しか持っていないように見えますが、政権に入り込んだ指導層はわりあいとインテリなので、幾何学的で壮大なる計画を立てて実行しようとしています。自分たちは頭がいいので、トランプを操れると思っているのでしょう。

しかしながら、彼らのほうが反対に、いつでも切り捨てられるのではないでしょうか。とりあえずトランプ大統領は、オルタナ右翼のように不平等から来る<道徳感情>に突き動かされているわけでも、政治的信念を持っているわけでもないからです。

 

そこで、次回はサイコパスについて考察せねばなりません。それはトランプ大統領がサイコパスだというような安直な話では済まないのです。

道徳も感情も欠落しているはずのサイコパスが、何故かやはり<道徳感情>に突き動かされている。そんな人間精神の深遠に迫るお話となるでしょう。

そこから、格差が拡大すると何故まずいのか。さらなる恐るべき真実が見えるようになるはずなのです。

(第二回「『サイコパス』はなぜここまで人を惹きつけてしまうのか」につづく)

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/