孫子の『兵法』に学ぶ「勝者の情報収集術」

戦争もビジネスもこれが決めた
佐藤 優 プロフィール

実際に戦闘を行うよりも、インテリジェンス活動によって、敵国の弱点をつかみ、戦わずして勝つことが上策だ。戦闘になっても正確な情報を持っているか否かが勝敗に影響する場合が多い。

あるいは戦力としては、当方が敵国を圧倒し、勝利が確実な場合でも、インテリジェンス活動を十分に行っていれば、味方の犠牲を極小にすることができる。今日でも米国のように軍事力が圧倒的に強い国がインテリジェンス活動を重視するのも、自国の被害を極小にするためだ。

 

味方に対する「不満」につけこめ

孫子はスパイ(間諜)の種類を5つに分ける。

〈間諜を働かせるのには五とおりがある。郷間―村里の間諜―があり、内間―敵方からの内通の間諜―があり、反間―こちらのために働く敵の間諜―があり、死間―死ぬ間諜―があり、生間―生きて帰る間諜―がある。この五とおりの間諜がともに活動していてその働きぶりが人に知られないというのが、神紀すなわちすぐれた用い方といわれることで、人君の珍重すべきことである。

郷間というのは敵の村里の人々を利用して働かせるのである。内間というのは敵の役人を利用して働かせるのである。反間というのは敵の間諜を利用して働かせるのである。死間というのは偽り事を外にあらわして身方の間諜にそれを知らせ〔て本当と思いこませ、〕敵方に告げさせるのである。生間というのは〔そのつど〕帰って来て報告するのである〉

敵国が圧政を行っている場合には、郷間を獲得することが比較的容易だ。政権に対する恨みを動機にした敵国に協力する者が出てくるからだ。

内間というのは、現代でいうポジティブ・インテリジェンス(積極諜報)に従事するスパイのことだ。敵国が隠している情報を、敵国に知られないようにして入手するポジティブ・インテリジェンスは、諜報の王道だ。敵国政府内の不満分子を見つけることが内間を成功させるコツだ。

死間とは、露見したら殺されることを覚悟して行うディスインフォメーション(情報操作)工作だ。「イスラム国」(IS)やアルカイダのような国際テロ組織が頻繁に用いる技法だ。

生間とは、敵国の内部に入り込んで、その情報を当方に伝えるスパイだ。現在では、暗号をかけた報告書をインターネットや無線などの通信手段で報告することが大部分を占めるが、通信傍受を警戒して、機微に触れる情報については、スパイが口頭で伝達することもある。

『孫子』は2500年前の書物であるにもかかわらず、そこに書かれているインテリジェンスの技法は、現在でも有効である。

孫子

週刊現代』2017年6月17日号より