近頃「白馬のお姫様」を待つ男子が急増している件〜恋しない若者たち

どうやって彼らと打ち解ければ良いのか
伊藤 氏貴 プロフィール

個性崇拝と恋愛のジレンマ

だがそもそも〈個性崇拝〉と恋愛とは相反するものではない。漱石は、前者の伸長が後者を衰退させると言ったが、それは突き詰めた結果としてそうなるというだけで、本来、〈個性崇拝〉と恋愛とはむしろ絡み合う関係にある。恋愛とは自分の個性と相手の個性のかけがえのないただ一通りの結びつきだからだ。

もちろんそんなことは理想を超えた夢想にすぎない。しかしそれでも、恋のまっただなかにあるときは、あなたしかいないとか、二人のために世界はあるのとか思ってしまう瞬間があるのではないか。

だからこそ、二人の関係が少しでも揺らぐと、「わたしのどこが好きなの?」と自分の「個性」を確認せずにはいられなくなる。

photo by iStock

もしそこで奇跡的に満足いく答が与えられたとすれば、それこそが相手に認められた私の「個性」である。〈個性崇拝〉とは、私一人の中に閉じこもって「私は私のままでいい」という自己催眠に酔うことでは決して完成しない。他人にも認められてこその「個性」である。

となれば、〈個性崇拝〉が進めば、恋愛を追及する姿勢も強まるはずなのだ。

しかし、言うまでもなく、恋愛の完成には想いの双方向性が必須条件である。自分の「個性」を認められるためには、相手のそれも認めなければならない。いや、相手の「個性」を認めたからといって、相手が自分を認めてくれる保証はない。まったくない。

「特定の異性に特別の愛情をいだいて、高揚した気分で、二人だけで一緒にいたい、出来るなら合体したいという気持ちを持ちながら、それが、常にはかなえられないで、ひどく心を苦しめる・(まれにかなえられて歓喜する)状態」

 

これが『新明解国語辞典』(第三版)の「恋愛」の語釈である。「常にはかなえられない」ものが恋なのだ。

しかし、「個性崇拝」者にはそんな危険を冒すことはできない。このジレンマに陥っているのが現在の状態なのではないか。

漱石の予言はこのまま最終成就を見るのだろうか。個性崇拝が進み、恋愛も結婚もなくなるときが遠からず来るのか。