「補強」なしでも強い!強い!広島カープに学ぶ「貧乏は大切なこと」

金満の巨人・ソフトバンクでは起きない現象
週刊現代 プロフィール

「新井さん」の役割

スカウトの眼力による自前での選手獲得と同時に、広島がもうひとつ力を入れるのが、チームの「軸」となる選手を育てること。

「いまの広島の軸になっているのは菊池、そして新井の二人。とにかく、ベンチにおいて菊池の役割が大きい。持ち前の明るさで大きな声を出して、丸や田中広輔を始めとした若手を引っ張っている。

もうひとりの軸は、何といっても新井。彼は若手を叱ったり、指導したりするタイプではありませんが、全力でプレーすることにより、若手の選手たちのなかに『新井さんがあれだけやってるんだから、俺達も頑張ろう』という空気感を創り出している」(前出・山内氏)

こうした軸になる選手のもと、しっかりとまとまった選手たちが、勝利のために邁進しているのが、いまの広島なのだ。

昨年まで広島に在籍していた廣瀬純氏が言う。

「確かに阪神や巨人も戦力は充実している。でも、阪神であれば糸井や福留さん、巨人であれば坂本、阿部といった選手に頼りきっている印象がある。どんなにすごい選手がいても、彼らまで打線が繋がらなければ、勝ち切れない。

それに比べ、今の広島は、スタメンの全員から『俺のバットで1点をもぎ取るんだ』という執念が滲んでいます」

こうした「勝利のためのチームバッティング」を選手たちに植え付けたのが、'12年から就任した石井琢朗打撃コーチだ。

 

廣瀬氏が言う。

「広島では、それぞれの選手に、よりきめ細かく指導するため、チーフ格の石井コーチのほか、東出コーチ、迎コーチと3人の打撃コーチを置く異例の体制をとっています。石井コーチが大まかな方針を立てて、他の二人がしっかり伝達している。とにかく、『勝つための打撃』が徹底されています。

特に印象的だったのは、今年のキャンプでのティーバッティング指導。インサイドからバットを出して、右バッターならセカンド方向にライナーを打っていくとか、細かいバットの出し方を3人が徹底して叩き込んでいました。

さらに、石井コーチがアウトカウントやランナーの状況を細かく決めたケースバッティングをしつこいくらい実践させていた」

軸になる選手がもり立てる勝利への執念と、徹底した「自己犠牲」のバッティング。

ムダなお金は遣わなくていい。貧乏でも、貧乏だからこそ、工夫を尽くして、しっかりしたチームを作る――。「大切なこと」を知っているチーム、広島カープの快進撃はまだまだ続く。

「週刊現代」2017年5月6日・13日合併号より