# 東アジア # 香港 # 中国

ゼロからわかる香港と中国のねじれた関係

東アジアのゆくえを考える
岡本 隆司 プロフィール

そんな多様・多元がいつ始まったかは、どこに着目するかで、いろんな回答が可能である。なかなか答えにくい。

しかし定着、安定したのはいつか、と問われれば、回答はしぼれる。遅くとも18世紀に確立した清朝の体制だといってよい。小著『清朝の興亡と中華のゆくえ』は、それがいかにして生まれ、変容していったかを描いたものである。

世界経済が始動をはじめた大航海時代、東アジアは華夷秩序という既存既成の秩序体系そのものが崩潰し、多元的な勢力が次々に生起し、せめぎあうカオスと化した。

そのなかで日本列島が勃興し、草原世界は勢力を拡げてゆく。軍事的な衝突をくりかえし、おびただしい人命が失われた。豊臣秀吉の朝鮮出兵は、そんな時代の典型的な事件である。

そんなカオスの中から生まれ、急速に成長した政権が、満洲人の建てた清朝である。

17世紀からほぼ百年かけて、東アジアを一つにまとめ、平和を回復した。中国本土・草原世界・沿海世界それぞれ、言語・文化・習俗・慣例の異なる各地の人々を共存させたのである。

18世紀の東アジアには、戦乱やまぬ前世紀と打って変わって、史上まれに見る平和と繁栄がもたらされた。

清朝が実現したのは、多元世界が多元のまま共存できる体制だから、異なる政体の併存はあたりまえである。今日のいわゆる「二制度」は、ごく普通のありようだった。

 

統合と分離独立の相剋

しかし19世紀に入って、それが変容をきたしてゆく。いうまでもなく欧米、そして明治日本との対決、相剋だった。

国民国家の体制で圧倒的な武力を有した列強は、近代国際関係を自他のスタンダードとして強要する。

清朝は当初、自らの多元共存の体制に組み込みつつ、こうした外圧に対抗しようとした。しかし1895年、日清戦争に敗れて以後、清朝の大多数を占める漢人は、多元共存を国民国家に転換させねば、列強に中国が分割されてしまう、との危機感をつのらせる。

国民国家の体制は、その中に異質の政体・民族の存在を許さない。単一の主権のもとに、均質な国民が住む領土で構成されるからである。その実現が以後の清朝・中国の課題となった。だから中国は「一つ」でなくてはならない。

しかし16世紀に端を発した清朝の多元共存は、すでに数百年を閲している。それを否定して、あらゆる地域・集団を均質化するのは、容易ではない。むしろ中国に対する反撥が強まり、たとえばモンゴル・チベットは20世紀の初めに、「独立」を希求するようになった。現在、前者は独立国、後者は中国の一部として、いわゆる民族問題を形づくっている。

それなら「回帰」した香港の「一国二制度」は、さしづめその折衷である。

「二制度」つまり異なる政体をつきつめていけば、モンゴルのような「独立」になり、「一国」つまり「一つの中国」、均質な国民国家をつきつめれば、チベットのような同化にならざるをえない。

かくて「一国」「二制度」は、はじめから矛盾をはらんでいた。民主化をすすめたパッテン総督が、中国政府やその支持者に「千古の罪人」と嫌われたのも、「二制度」を助長し「一国」に逆行したからである。

現代香港の帰趨は、香港だけの問題ではない。台湾が典型であって、自らの運命に直結する、と注視を続けている。

かたやわれわれ日本人は、香港の「独立」や香港「民族」の苦悩など、ほとんど気にもとめていない。しかしそれほど、無縁なことだろうか。

小著を第1巻として、このほど刊行を開始した叢書「東アジアの近現代史」は、日本列島・中国大陸・朝鮮半島が、それぞれ現代の国家を形成した歴史過程の復原を企図する。

多元の時代に端を発し、「近現代」の激動のなか、各々固有のナショナリズムを形づくり、「民族」の統合と「独立」をめぐって相剋を続けた。それは今なお、解決を見通せない。

だとすれば、目前の香港問題も「東アジアの近現代史」の所産であり、かつまたその縮図にほかならない。そこには、日本の運命も深く関わっているはずである。