野球選手の人生は13歳で決まる(2)愛知にいる二人の怪物1年生

東邦・石川昂弥と愛工大名電・稲生賢二
赤坂 英一

東邦か、県外か

その甲斐あって、石川は小学6年で中日が主宰するドラゴンズジュニアのメンバーに選ばれた。このころにはもう、尋貴は東邦の先輩や同級生に「昂弥は東邦に入れるんだろ?」と言われるようになっていたという。

大府でのポジションは投手と内野手で、この二刀流は中学に進み、知多ボーイズに入ってからも続いた。投球練習を見ると、長身をダイナミックに使い、130km台の真っ直ぐを投げ込む。

尋貴はさらなる息子のレベルアップを図るため、ボーイズの練習の傍ら「野球道場メジャー」という塾でも打ち込みや投げ込みの個人練習を課した。

この塾を経営する戸田幸男も東邦OBで、甲子園に出場した経験の持ち主だ。実は、中日の水谷も東邦出身で、2人とも尋貴の先輩にあたる。もっと言うなら、現東邦監督の森田泰弘は、かつて阪口監督の下で尋貴らを指導していた元コーチである。

どこの地域でも、ボーイズやシニアは高校球界へ有望な選手を供給する役割を担っている。特定の強豪校と独自のパイプでつながっていて、それを選手募集のための売り物にしているチームも多い。

石川の場合は、父の意思を継ぎ、東邦で甲子園を目指すべく運命づけられていたようにも思える。

 

尋貴が言う。

「東邦以外の高校へ行く選択肢もあることはありました。でも、県外だとなかなか、実際のチーム事情は見えない。東邦ならぼくらも試合を見に行けるし、環境もチーム状態もよくわかる。早い段階でレギュラーになるチャンスもあるはずだ、と考えたんですよ」

しかし、それほど才能に恵まれている石川に、水谷は少なからぬ不満を抱いている。ひとつは、一向に身体が逞しくならないことだ。「もっと腰回りや尻のあたりに肉がつかなきゃいけない」と言うのである。母・由香子に聞くと、ご飯の量が少なく、油っこいものが苦手で食が細いらしい。

ちなみに「二刀流」の先輩、大谷翔平(現日本ハム)も中学まではガリガリで、花巻東では1食につき丼飯3杯の食事を佐々木洋監督に義務づけられていた時期がある。石川にとっても、食事と増量は大きな課題だ。

好対照のライバル

もうひとつ、「性格的におとなしくて、プレーが淡泊になりがち」だと水谷は指摘する。

例えば昨年、ボーイズリーグの府県選抜大会に愛知県西選抜のチームで出場した京都府戦でのこと。1点差に追い上げていた九回1死一、二塁、カウント3-0から、石川は三塁併殺打に打ち取られた。

「ああいう場面でもっと粘るとか、しっかり見ていくとか、勝つためには何をするべきか、という意識を持てない。簡単に打って出て、注文通りに仕留められちゃう。そういう脆さがあるんです」

そんな水谷のぼやきに対し、父の尋貴が言う。

「昂弥はまだ挫折を知らないんです。どこかで壁にぶつかれば、水谷さんの言う弱い部分も変わるんじゃないか。ここまでは生まれながらの素質と身体で、中心選手としてやってこられた。東邦では、そうはいかない場面にも出くわすでしょう。親としては、早くそんな壁にぶつかってほしい」

自分の目の届く母校で野球をやらせたい半面、将来のためには挫折体験も必要だと考える。3年後には現実としてプロ入りも視野に入ってくる。父の葛藤は尽きない。