小池百合子×野田聖子「そろそろ"ポスト安倍"の 話をしましょう」

「お酌下手」な女性政治家の本音対談
週刊現代 プロフィール

お酌が上手な女性大臣たち

野田 小池都知事誕生は大きいですよ。今もほとんどの女性政治家は、自分で地位やパワーを勝ち取ることができていません。大臣は総理に言われてなるもので、自分の力ではないですから。

小池 お酌が上手じゃないとなれない。私たちは2人とも下手だよね(笑)。

野田 私はお酌どころか、自分のお酒も自分で注いで飲んじゃう(笑)。海外の女性大使ってすごくしっかりした人ばかりなんですけど、彼女たちが日本の女性大臣を見て「チアリーダー」って揶揄するんですよ。

小池 男の人におとなしく従って、逆らわないお利口さん女性政治家も多いですね。私が都知事になったのも、誰かに任命されたんじゃなくて、都民に選ばれたからです。

野田 それが本当の女性活躍ですよ。日本はそれなりに女性知事もいるけど、組織に担がれている人が多い。小池さんは誰にも担がれてませんから。

小池 そのほうが、自由にやりたいことができますね。

 

野田 都議選の候補者選びは進んでいるんですか。

小池 進んでいますよ。選挙は、出馬することに意義があるわけじゃない。やるからには勝たなきゃ意味がない。志が高く、勝てる人材を集め、勝てる環境を作っていきたいと思っています。

野田 世間では小池さんは「政界の渡り鳥」なんて悪く言われるけど、都知事選のとき「私はプロデューサーだから、他人をトップに立てて、自分は裏方に回ってきた。でも今回は私が主演女優なのよ」と言っていましたよね。小池さんは1人2役もできるから、きっといい都議選になると思う。

小池 まあ、結果は都民が決めますから。世論調査の結果も調査によって全然違ったりする。楽観はしていません。

野田 今の国政を見ていても、ライバルが頼りないから緩みが出る。都議会自民党だって、小池新党と戦って生き残った人が本物だと思いますよ。

小池さんのおかげで都議選が注目されていることが、国政にも影響していて、東京選出の自民党の国会議員がオロオロして「4月解散」としきりに言っているんです。でも、私は岐阜選出だからのんびり聞いてる(笑)。

小池 アハハ(笑)。

野田 自民党のおじさんたちは、小池さんを「仲間じゃない」と言って敵視するけど、そんなことは関係ないですよね。政界でも、女性のほうが現実主義者だなと思います。

小池 そうですね。みなさん私の自民党籍がどうのこうのと言うけど、私は「お好きなように」と。

野田 私も一度は党を追い出された身だから、わかりますよ。

小池 舛添さんの場合も、除名されたはずが、いつのまにか都知事に担がれて。融通無碍ですよね。自民党って。

野田 石原慎太郎元都知事は、どうですか?

小池 百条委員会で「早く(豊洲市場移転を)進めてほしい」と言ったのには驚きましたね。

野田 それ、自民党でも話題になってます。

小池 豊洲に関しては、昨年末から、今後のロードマップは決まっているんです。盛り土がないとか、9回目の地下水採水でベンゼンの数値が跳ね上がるとか、予想外のことはありましたけど。

でも土壌だけでなく、市場の経営も問題です。豊洲市場に移ると、どれくらい赤字が出るのかも考えないといけない。

Photo by GettyImages

野田 それにしても、小池さんは大変ですね。今までダラダラやってきた結果をポンと渡されて、「早くしろ」と言われる。

小池 今は、「敗戦処理内閣」ですから(笑)。

1年目は、これまでの課題や問題の処理だと思っているんです。前に環境大臣をやったときは、3年続けて務められたのがよかった。1年目で、だいたい役所の勘所がつかめる。その後は、自分が作った予算の効果を精査して、次の年に修正する。毎年トップが替わっていたら、他人が作った予算の尻拭いばかりになってしまいます。