森友問題で安倍ゴッドマザーが激怒「昭恵は総理夫人失格です!」

義母が恐すぎてアッキーは帰宅恐怖症に……
週刊現代 プロフィール

「籠池を呼べ!」と叫んだ安倍

とはいえ、森友学園系列の小学校で名誉校長を引き受け、「安倍総理は日本を守ってくれる人です!」という子供たちの声に涙を流し、さらにそれをカメラに撮られるという「失態」を演じたのは、昭恵夫人である。

あの映像が、内閣支持率急降下の引き金となったことは明らか。彼女の奔放すぎる言動や、相手が善人であろうがなかろうが、分け隔てなく付き合う天真爛漫な性格を、日頃から決して快く思っていなかった洋子氏の怒りが、爆発するのも無理はない。

塚本幼稚園に、「安倍総理からの寄付金100万円」の名目で、現金が入った封筒を持ってきたのも昭恵夫人だった、と籠池氏は証言している。

Photo by GettyImages

政治資金に詳しい、神戸学院大学教授の上脇博之氏が指摘する。

「調べてみると、昭恵夫人が塚本幼稚園を訪れた'15年9月5日の1週間前、8月28日付で、安倍総理が代表を務める地元・自民党山口県第四選挙区支部から、総理の政治資金団体のひとつ『晋和会』に、ちょうど100万円が寄付されています。

晋和会から安倍総理にカネが出ている記録はないので断言はできませんが、このタイミングで100万円が動いた理由が不可解です。晋和会はこの年、7500万円超の繰越金があり、政治資金パーティで2000万円以上の収入もあった。

これは推測ですが、晋和会は多額の人件費が計上されていて、しかも個別の支払い先が分からない。万が一、昭恵夫人が晋和会から人件費としてカネを受け取っていたとすれば、それが籠池氏に渡った可能性があるのではないか」

近畿財務局や大阪府は、森友学園との交渉記録を「廃棄した」と言い張り、一向に出そうとしない。対する籠池氏の側は、「安倍晋三」と書かれた郵便局での払込票にとどまらず――あの手この手で土地の「格安譲渡」を画策した籠池氏が出すものである以上、その真偽は定かではないが――他にも「物証」を繰り出す準備があるという。

 

仮に、それらが本物と証明されれば、安倍総理は一転して窮地に立たされかねない。ある官邸スタッフはこう語った。

「籠池氏が『安倍総理から100万円の寄付を受け取った』と暴露した3月16日の午後、参院予算委員会の調査団メンバーとして、この言葉を籠池氏から直接聞いた山本一太(参院議員)さんが、総理にすぐ連絡を入れた。

すると安倍総理は瞬間湯沸かし器のように怒って、『証人喚問だ! 籠池を国会に呼べ!』と大興奮で指示を出した。参考人招致をすっ飛ばしていきなり証人喚問となった裏には、こんな経緯がありました。

しかしその後、夕方の6時過ぎまで一向に決裁が下りなかった。なぜかというと、菅(義偉官房長官)さんが止めていたんです。『これは慎重にやらないとマズい』と、ずっと菅さんは情報収集していた。結局はゴーサインを出さざるを得なかったようですが」