ディズニー映画から「王子さま」が消えた…変わりゆく女子の幸せ

「アナ雪」の本当のメッセージ
堀井 憲一郎 プロフィール

王子さまはもう必要ない!

そのあとエルサは、アナの真実の愛を目の当たりにして、またオラフの言葉によって、自然存在のあらゆる力について、瞬時に悟ったわけである。

頓悟である。

〝偉大なる力〟は訓練によって徐々に得られるものではなく、一瞬にして得られるものである、ということを示したシーンでもあります。すばらしい。

変わるとき、人は一瞬にして変わる。徐々に変わっているなあと自分で感じてるときは、実は何も変わっていない。教訓としておきましょう。

アナは自らの真実の愛の力によって、みずからを救った。

エルサは瞬時にしてすべてを悟った。頓悟した。

これはふつうの人間の愛と、能力者の頓悟の物語なのだ。この二重構造が、とても魅力的だったのだ。

ディズニー・アニメはこの映画ではロマンスを手放しています。

ハンス王子や、氷売りのクリストフとの恋も描かれているけれど、それは見てる人をわざとミスリードするための(驚かせるための)サイドストーリーでしかない。物語の本質とは関係がない。

この映画は、プリンセスにとっても王子は必要でなくなった、ということを示していた。まさに〝王子殺し〟の映画である。

ディズニーのプリンセスは、いつも「幸せになりたい」と考えている。かつては王子さまと一緒になるのが幸せの象徴であったが、いまはもう、王子さまも要らない、と示された。この大ヒット映画が宣言した。

その3年後の『モアナと伝説の海』には、もはやロマンスのかけらも示されていない。

恋愛で女性が主導を握って引っ張っていった世界のなりゆきが、こういうことなのだろう。

ディズニー・アニメ映画を観ているかぎり、世界は少しづつではあるが、よくなっているようにおもえる。動物種として幸せになっているかは疑問であるが、それは別に気にしなくていいのだろう。

「ディズニーランドでデートをすると別れる」という、若者の間でささやかれている噂は本当か?
クリスマス・ファシズムの勃興、回転ベッドの衰退、浮遊する月9ドラマ、バブル絶頂期の「一杯のかけそば」騒動……あの時なにが葬られたのか?