ディズニー映画から「王子さま」が消えた…変わりゆく女子の幸せ

「アナ雪」の本当のメッセージ
堀井 憲一郎 プロフィール

『アナと雪の女王』は、王子さまが豹変したあとに、姉と妹の物語だった、という形を取る。最後まで見ると、姉妹二人の仲違いから、仲直りまでを描くドラマだと気付かされることになる。

『アナと雪の女王』は、一種の〝王子殺し〟の映画である。

では、プリンセスは何によって幸せになったのだろうか。

アナが願ったこと

『アナと雪の女王』は、アデンレール王国が舞台である。第一王女が姉エルサで、第二王女が妹アナ。

姉エルサだけ、魔法の能力がある。あらゆるものを氷らせる能力を持っている。

妹アナには、そういう能力はない。ひたすら元気で、自由奔放。ディズニーでおなじみのアメリカ娘っぽさ満点のプリンセスである。

主人公はこっちです。つまり妹のほう。人間のほう。魔法を使わないほう。

彼女は、とても幼いころ、姉エルサと仲が良かった。しかしエルサの氷らせる魔法によって頭を射貫かれ昏倒する。ひとつ間違えば死んでいた。それを知った姉は、それ以降、妹と遊ぶことをやめ、外にも出ず、ひたすら自分の能力を恐れて暮らした。

しかし、父王が死に、エルサが成人して新女王に就任するおりに、エルサの魔法が暴発してしまった。姉王は北の山へ逃げ、王妹のアナがそれを助けに行く。

ヒロインであるアナの願いは、これまでのヒロインと少し違っている。つまり幸せになりたいのだけれど、それは「姉のアナと仲良くなること」がもっとも大事だと考えている。

小さいころは仲が良かったのに、突然、姉が会ってくれなくなった。それを、もとに戻したい。仲のいい姉妹に戻りたい。この映画の克服すべき困難(いわゆるテーマ)はそこにありました(ただし最初からそう明かされているわけではない)。

 

「れりごー」の真実

生まれながらにして魔法の能力を持つエルサは、その能力を制御することができない。ただただ、能力を恐れ、ひた隠しにしている。

女王に就任した日、妹との諍いがきっかけで隠れていた能力を発揮してしまい、7月のアデンレール国を雪と氷の世界に変え、それを元に戻すこともできずに、そのまま北の山に逃げ去り、氷の宮殿を作り上げ、そこに完全に引きこもる。

ここが「れりごー」と歌いながら、氷の宮殿を作りあげる有名なシーンです。

この名シーンと、歌の印象から『アナと雪の女王』は「ありのままに生きる女性のお話」だと誤解してる人がいるようだけど、違いますからね。

そこのところ、大事なので、確認しておきます。

みんなも指さし確認していただきたい。

このお話は、「ありのままで生きる」ことを肯定してる物語ではなく、その真反対の「ありのままで生きると、まわりの人は大変に困る」というお話です。

このドラマはアナの物語であり、第二王女(のちに王妹)の視点から国と姉の救済を描いたものです。

ありのままに生きようとしている姉王によって、国がめちゃくちゃになったので、姉のありのままを止めようと妹が命懸けで奮闘する物語」です。