昭恵夫人に籠池理事長…急に爆弾を抱え込んだ安倍首相の本音

最長政権樹立のために、切るものは切る?
週刊現代 プロフィール

アッキーは私人ではない

日頃の生活でも、昭恵夫人は深夜まで飲み歩き、超多忙のはずの安倍総理のほうが早く帰宅することもしばしば。総理の食べる朝食は母・洋子さんが作ることが多く、一時は「私邸の1階と2階で別々に寝る『家庭内別居』状態だ」と噂されたこともあった。自民党ベテラン議員も言う。

「昭恵さんは結局のところ、世間知らずのカネ持ちのお嬢さんですからね。いつか奥さんのことで足をすくわれるんじゃないかと思っていたけど、まさかここまで大ごとになるとは。昭恵さんのことだから、池袋の行きつけのバーにでも行って、またヤケになって飲んだくれてるんじゃないか」

安倍総理が直接、国と森友学園の土地取引に関与したことを示す物証は、いまのところ出ていない。不透明な取引の全容を知るはずの近畿財務局が「当時の資料は破棄してしまったので、もうない」と言い張っている以上、籠池氏本人に真相を質さねば、国民の疑念と怒りはとうてい収まらない。

だが安倍総理にとって、籠池氏が公の場に出るのは最悪の事態だ。前出の官邸スタッフが言う。

「再審議の末に開設認可取り消しとなれば、籠池氏はブチ切れて、総理との関係も含めて全部喋ってしまうでしょう。一方で、国会に証人喚問されれば何を言い出すか予想もつかない。かくなるうえは、認可を先延ばしして、少しでも時間稼ぎをするしかない。小学校の入学希望者はいまや30人を切りそうだという話ですから、いずれにせよ4月の開校は不可能です」

これまでにも、鴻池祥肇参院議員、故・鳩山邦夫衆院議員の事務所参与など、複数の政治家ないし関係者が籠池氏から「陳情」を受けたことが明らかになっている。森友学園スキャンダルは日に日に拡大しているのだ。

日頃、経産省や外務省から出向してきた「内閣総理大臣夫人付」の秘書とともに行動している以上、昭恵夫人が「私人」であるという安倍総理の主張は通らない。

Photo by GettyImages

カネカネカネの籠池理事長

昭恵夫人が心酔していた塚本幼稚園。その園長である籠池氏とは、いかなる人物なのか。

今回本誌は、塚本幼稚園に子供を通わせていた複数の保護者に取材した。同園では、子供たちに「安倍総理がんばれ」と言わせるなどの常軌を逸した「教育」が行われていたことが明らかになっているが、おかしな点は他にも山ほどあったという。

「塚本幼稚園では、園長先生(籠池氏)や副園長(籠池氏の夫人の諄子氏)に逆らう親の中には、副園長直筆の手紙を渡され、『シナ人』『韓国人』と言われた人もいます。同学年に、『子供に中国語を習わせている』という親御さんがいたのですが、その方が退園された後、園長は『あいつはシナ人や!』と言いふらしていましたね。

運動会のときも、万国旗から中国と韓国の国旗だけ切り取って使うという徹底ぶりです。でも、塚本幼稚園ではそういう園長・副園長の言動が多々あるので、もはや感覚がマヒしてしまっていました」(母親)

 

小學院をめぐる今回の騒動が明るみに出る前、ネット上では、籠池氏が以前経営していた大阪市内の「南港さくら幼稚園」('14年に閉鎖)の保護者がこう訴えていた。

〈園長の考えの根本に、「園長、副園長よりも、保護者は立場が下である」ということがあります〉〈「保護者より上の園長、副園長に意見するのが間違っている」と恫喝されました〉

塚本幼稚園でも、この方針は変わっていないようだ。別の母親も言う。

「うちではありませんが、園長に『朝ごはん何食べて来たの』と聞かれて『シリアル』と答えると、『それは犬の餌や!』と怒鳴られた子もいたそうです」

保護者の中には、「英語教育が充実している」という謳い文句を信じて、塚本幼稚園を選んだ人も少なくない。しかし、「実際に入ってみると、『英語の授業は去年なくなった』と言われた。でも英語はやらないのに、『論語』は覚えさせようとするんです」(前出の母親)

籠池氏は園のホームページに掲載しているコラムで、幼児期の英語教育について、
〈日本語を学ぶべき時に英語を学んでどうするのか、と思います〉などと述べているから、支離滅裂である。