NHK解説委員「水野さん」が語る、いま福島で起きていること

人は忘れていく。だからこそ伝えたい
週刊現代 プロフィール

これまでの廃炉作業を見ていると、うまくいかないことの連続です。やはりそうした場合の代替案も今のうちから考えておかないと。あわてて策を考えているようでは時間がかかるばかりです。

私は、福島の事故前から、次に原子力施設で何か大きな事故があるとしたら原発なのではないかと思っていました。そう考えたきっかけは、1999年に茨城県東海村の核燃料の加工工場で起きた臨界事故です。中性子線という強烈な放射線が放出され、2人の作業員が亡くなりました。

この時、事故の収束に手間取ったことを教訓にロボットが必要だという結論に至った。国の予算で研究機関が試作品を作ったというので、私も取材に行きました。

ところが、行ってみると研究者たちが、困っている。せっかく作った試作品も実用化するには電力会社に引き取ってもらい各地の原発に配備してもらうしかありません。

しかし電力会社は「ロボットを置くということは、すなわち事故が起こる可能性を認めることになる」という理屈で、原発では不要だというのです。この時実用化しておけば、福島の事故で役立ったことは間違いありません。まさに“安全神話”の典型でした。

電力会社は「事故は燃料加工会社が起こしたもので自分たちは違う」と全く対岸の火事を見ている状態で、そこから教訓を見出そうとはしていなかった。

こうした状況を見聞きして私は「次に事故が起きるとしたら電力会社の原発だ」という思いを強くし、備えをしなければと考えるようになりました。

各原発を取材し、同時に現場を知り確かな知識を併せ持つ専門家を探しました。一番詳しかったのは、原発を実際に作っているメーカーの技術者たちで、日頃から意見交換してきました。ですから、福島の事故の時は、スタジオ解説の合間に彼らに連絡を入れ、何が起きているのか、確認を続けていました。

Photo by GettyImages

六ヶ所村で知ったこと

私は大学の法学部を卒業し、NHKに記者として入局しました。原発問題を担当するようになったのは運命としか言いようがありません。

初任地が青森で、最初の2年間は、警察で事件事故を取材するいわゆる「サツまわり」。その後、上司に言われて「六ヶ所村」を担当することになりましたが、どんな原子力施設なのかも知らなかった。

もともと文系の人間ですから、科学の知識もそれほどない。よく理解しないままに書いた最初の原稿はひどいもので上司にこっぴどく怒られました。それから専門家のところに行き頭を下げて一から教えてもらい、自分自身で噛み砕きながら理解していったのです。

 

その後、東京に異動することになったのですが、引き続き、この問題に関わりたいと希望を出しました。青森で取材している時、「核のゴミなどやっかいなものを、青森に押し付けようとしているのではないか。東京で誰がどうやって政策を決めているのか知りたい」と思ったからです。

'11年3月11日、地震と津波のため「福島第一原発が冷却できない。核燃料が露出したかもしれない」という情報が入ってきた時、これまで日本国内で起きた事故とはまったく違うレベルのものだと察知し、ショックを受けました。それを一体、テレビでどう伝えたらいいのか。

その後、原発の建屋が爆発したり、使用済み燃料プールの水が蒸発するなど、いたるところから黒煙や白煙が上がっていました。隣にいるアナウンサーからは、「あの煙は何ですか」といった質問が飛んでくる。

でも、まず伝えなければならないのは煙の説明ではなく、原発が今、危機的な状況にあるということです。原発にある放射能の99.9%以上は燃料の中に閉じ込められていますが、溶ければそれが放出されるわけです。

スリーマイル島やチェルノブイリ級の事故が今まさに起きようとしていたのです。まずそれを伝えなければならなかった。木を見て森を見ず、という解説になってはいけないと必死で話しました。