いじめ、不登校、諦め…原発事故で故郷を奪われた子どもたちのその後

6年ぶりの一時帰宅に密着
大野 太輔 プロフィール

白い防護服のなかで芽生える自我

15歳の少女たちが語る言葉は決して多くない。しかし、その表情はとても雄弁だ。

じつは、一時帰宅の際にはマスクをしているので、彼女たちの顔は半分以上隠れている。が、そのまなざしが時々の感情を雄弁にもの語る。

放射線の高い数値を見たときの不安、自宅が近づくにつれ蘇ってくる懐かしさ、原発事故の生々しい爪痕を目の当たりにした衝撃。

カメラは彼女たちの表情をじっととらえる。ナレーションは結局ほとんど打てなかった。それだけ映像が強かった。

(c)NHK

とくに印象的だったのは、彼女らがひとりカメラに向かってインタビューに答えるときの表情。家族や友人と一緒にいるときとまったく違うことに驚かされた。その理由のひとつは、インタビューを通じて、彼女たちがある意味で初めて自分と向き合う時間を持ったからではないだろうか。

福島で取材していると、震災や原発事故のことを家族や友人と話していない子どもたちが多いことに気づかされる。今回の取材を通じて、一時帰宅や故郷の自宅のこと、原発事故からの6年について感じていたことを、初めて子どもたちが口にした、という言葉をたびたび聞いた。

 

もうひとつ印象的だったのが、一時帰宅の際に、カメラから距離をとっているときの彼女たちの姿だ。原発事故によって無人となった町をひとり歩く姿、朽ち果てていく我が家に別れを告げる表情。それらは不思議な力をもって私の心に刻まれた。

私には、彼女たちのなかで何かが育っているように感じられた。一時帰宅を前にしたインタビュー取材を通じて、彼女たちはほかならぬ自分と向き合った。そして、そこで芽生えたある種の「自我」のようなものが、音のない無人の町で、白い防護服の少女のなかで、ムクムクと育っていく。私はそんなことを考えながら、彼女たちの小さな背中を見つめた。

15歳のあの日、自分は何を感じたのか? 成長していくなかで、少年少女たちはいつかそれを言葉にするときが来るだろう。そのとき初めて、この「15歳の一時帰宅」という物語が完結するのではないだろうか。

原発事故とはいったい何だったのか? 私たちがいま軽々しく言葉にできることはない。彼ら彼女らが一つひとつその問いに答えを出すまで、しっかりと見つめ続けていくことが、私たちの使命だと感じている。

NHKスペシャル『15歳、故郷への旅〜福島の子どもたちの一時帰宅〜』は、2017年3月10日(金)22:00より、NHK総合で全国放送。再放送は、3月16日(木)1:25より。