PPAPにマリカー…最近、知財のトラブルが増えているのはなぜ?

「森のくまさん」騒動もありました
稲穂 健市 プロフィール

ところで、本記事の冒頭で言及した「プレミアムフライデー」についても、経済産業省が報道発表した昨年8月13日、同省が商標「PREMIUM FRIDAY」(商願2016-88421)を出願した一方で(経済産業大臣名義)、上田氏の会社もその同日に商標「プレミアムフライデー」(商願2016-88273)を出願している(指定商品の一部が重複)。

<参照:『Yahoo!ニュース「プレミアムフライデー」の商標問題について』栗原潔(弁理士、ITコンサルタント、金沢工業大学客員教授)>

このような「同日出願」のケースでは、双方ともに商標権を付与することはできないため、特許庁から双方の出願人に対して協議命令が出されることになっている。そして、協議が成立しなかった場合は「くじ」(!)で勝ったほうが優先する。

そのため、上田氏が出願料を支払った場合は、近い将来、上田氏と経済産業大臣が特許庁で顔を合わせて「くじ」を引くことになるかもしれない。(*)

(*)追記(2017年3月8日)
当初ここには、(もちろん、仮に上田氏が「くじ」で勝った場合でも、商標法で規定される「登録NG」のいずれかの要件に引っかかれば登録されることはない)と記載しましたが、特許庁の実務上、「登録NG」の要件に引っかかる出願は「くじ」が実施される前に拒絶される可能性があるため、当該記載は削除しました。

 

 

同一・類似の商品・サービスを指定した同一・類似の商標が同日に出願されるケースは稀にあり、実際に「くじ」を引きに行ったという弁理士もいる。余談だが、商標「がんばれ!受験生」(東洋水産、商標登録4441896号など)と商標「ガンバレ!受験生」(日清食品ホールディングス、商標登録4453796号)が同日に出願されたケースでは(指定商品はいずれも食物関連)、審査官が2件とも誤って(!)登録してしまったことから、「くじ」は行われなかった。

知財を学ぶことは必須

さて、ここまで著作権と商標権に関する話題を紹介してきたが、いずれも今年に入ってからのネタであることにお気づきになられただろうか? 要するに、普段から数多くの知的財産権を巡る騒動が起こっているのだ。

だが、前述したように、複数の異なる種類の知的財産権が存在する一方で、それらについて体系的に学んでいないという方が少なくない。報道やそれに対応した専門家による解説も、どうしても短いものになりがちで、知的財産権に関して包括的な理解を進めるには十分なものではない。そのため、知的財産権の全体像については、依然として一般の方々には正確に理解されていないのが現状だ。

その問題意識のもと、拙著『楽しく学べる「知財」入門』では、身近に感じられるユニークな事例を挙げながら、意外に知られていない各種の知的財産権の違いと、さらには模倣が許されるボーダーラインについて説明している。

知的財産の世界が、こんなに面白かったとは...(amazonはこちらから)

面白さと実用性を両立させることで、知的財産権に関連した実践的な知識を自然と身に付けてもらい、それをビジネスなどに役立てられるようにした点が大きな特徴だ。また、知的財産権に含まれる各権利の違いを際立たせるだけではなく、各権利が交錯したエピソードを紹介することで、複数の知的財産権を組み合わせた効果的な知財戦略を考えるヒントも示した。

さらに、知的財産権が関係するとは思えない状況であっても、何らかの知的財産権が存在し、かつそれが及んでいるかのような前提で許諾や金銭のやり取りが行われているように見える具体的な事例についても紹介している。こうした状況が生まれてしまうのも、知的財産権に関する正しい理解が進んでいないことのひとつの現れなのではないかと思う。

知的財産権についてきちんと学ぶことは、単にビジネスに役立つというレベルではなく、国民ひとりひとりが知的武装を図るという意味でも必須である。

稲穂 健市(いなほ・けんいち)
東京都生まれ。東北大学研究推進本部特任准教授、弁理士、米国公認会計士(デラウェア州Certificate)。横浜国立大学大学院工学研究科博士前期課程修了後、大手電気機器メーカーにおいてソフトウェア関連発明の権利化業務、新規事業領域における企画推進・産学連携・国際連携などに従事。約7年間は米国カリフォルニア州にある研究開発拠点の運営にかかわった。知的財産権を楽しくわかりやすく伝える知財啓蒙の第一人者。科学技術ジャーナリスト(筆名:稲森謙太郎)として執筆した著作に、『すばらしき特殊特許の世界』(太田出版)、『女子大生マイの特許ファイル』(楽工社)などがある。