「祖父は反戦政治家」安倍首相が決して語らない、もう一つの系譜

「安倍三代」を辿って、見えてきたこと
青木 理

「オレは安倍寛の息子なんだ」

そんな苛立ちを募らせていた折、ニュース週刊誌「AERA」の編集部から、安倍晋三という政治家の素顔と本質を取材によって描いてみないか、という提案が私に寄せられた。正直、躊躇した。しかし面白い、とも思った。

政治記者ではなく、政界になんの伝手やコネクションのない私だが、生い立ちにまでさかのぼって周辺を徹底取材し、この男の根本的な人間像をあぶり出す試みは、十分に挑戦してみる価値がある仕事だと思った。

同時に私は、もっと大きな腹案を抱いた。安倍政権を支持するにせよ、しないにせよ、この男が現下日本政界における究極の世襲政治家であることに異論はあるまい。その系譜を取材によってたどれば、戦後日本の政治史を「論」ではなく、ミクロな事実の積み重ねによる俯瞰図として点描し、課題と問題点を浮かび上がらせることができるのではないか、と。

安倍晋三が母方の祖父・岸信介を敬愛していることは、あらためて記すまでもない。だが安倍には、もうひとつの系譜がある。父方の祖父・安倍寛もまた戦前・戦中に衆院議員を務め、実は相当に反骨な反戦政治家だった。なのに、このことはあまり知られていない。

安倍洋子著『わたしの安倍晋太郎』などをもとに作成

その息子であり、晋三の父でもある晋太郎は、父・寛に憧れて政治の道を志し、口癖のように周辺者にこう語っていたという。

「オレは岸信介の女婿じゃない。安倍寛の息子なんだ」

岸の娘・洋子との結婚が晋太郎の政界における跳躍台になったことは否めないが、「安倍家」という視座で眺めた場合、岸信介ではなく、国政への第一歩を記した安倍寛こそが政治のルーツにほかならない。なのに、安倍晋三が父方の祖父に言及することは皆無に近い。

安倍寛とはどんな男だったのか。そして、安倍晋太郎とは。取材は1年以上に及んだ。ずいぶん苦労はしたが、安倍寛は魅力的な男だった。安倍晋太郎も、ノンフィクションライターの心を躍らせる数々のエピソードの持ち主だった。ではいったい安倍晋三はどうか——。