かつて日本はギャンブル大国だった!?驚きの「近代賭博史」

カジノ建設の前に、知っておくべきこと
河合 敦 プロフィール

宝くじで社会が乱れた

幕府が賭博と同類だとしてたびたび禁じたものに富突があります。「とみつき」と読みますが、富くじとも呼ばれました。これは現在の宝くじに似ていますが、宝くじを国が管理しているのとは真逆といえるでしょう。

数字が羅列してある紙の札をあらかじめ購入し、当選したら金銭が支払われる仕組みです。抽選は、公衆の面前でおこなわれます。箱の中に数字が記された多くの木札を入れ、箱の穴から錐を突き入れて木札を取り出すのです。突き刺さった木札が当選札で、同じ番号の紙札を所有する人に金が与えられます。

元禄時代まで、幕府はこうした富突興行を原則禁じていました。博打と同様に射幸心をあおり、依存症を生む危険があると考えていたからです。ところが、やがて寺社などに限って許していくようになります。

その理由は、幕府の財政難です。

朝廷や歴代の武士政権は、日本の代表的寺社の再建や修繕に金銭的援助を与えてきました。ある意味、それが統治者としての義務だと考えられていたのです。しかし江戸幕府の財政が赤字に転落し、寺社への金銭的支援ができなくなってきたのです。

そこで寺社に対してのみは、修繕費を集める名目であれば富突興行を容認するようになっていったのです。依存症の問題は認識しているけれど、経済対策としての効果を優先してカジノ法案を可決した現代とかなり近いといえるかもしれません。

では、その結果なにが起きたのでしょうか。

 

富突の当選金額は、高いものだと千両、現在の金額で8000万円程度(江戸中期の米の値段を参考に換算)。ただ、一般的には1等の当たりくじは100両~150両ぐらいでした。しかも、現代と違って、当選金が全額懐に入るわけではありません。寺社への奉納金、関係者への手数料などいろいろ差し引かれて、7割しかもらえませんでした。

当選本数は10本~20本が主流で、最初と最後に突き刺した木札の番号が金額も多かったといいます。前後賞や組違い賞に似た制度もありました。売り出し札数は、1万5千~3万枚程度が一般的ですが、中には18万枚を発売したケースもあります。

ただ、札一枚の値段が1万円ぐらいするのが当たり前だったので、貧しい人びとは買うことができませんでした。これは、ハードルを高くすることで庶民の暮らしを守っていた、といえるかもしれません。

しかし、そんな人びとも賭け事で儲けたい。そこでおこなわれたのが、隠富とか影富と称する賭博行為です。勝手に人から小銭を集め、公許の富突の当たり番号などを賭けるのです。現代でいう「のみ行為」というやつですね。

隠富は実際の富突よりも当選率を高くしてあり、小銭をかけても四倍から八倍になったので、19世紀には大流行しました。大名家の中には、こうした流れに便乗し、内々に富突をおこなう藩も登場するほどでした。

公認であれなんであれ、やはり「博打」には社会的リスクがつきものなのです。総合型リゾートという名前を付けても、結局カジノは博打でしかありません。一度、博打を認めてしまうと、それを規制することは容易ではありません。

しかも、政府のコントロールをくぐり抜けた輩が登場しないとも限らないわけです。さらに、当初予定したほどの経済効果が上げられないようなことになれば、ただ単にギャンブル依存者を大量に作り出しただけで終わることもないとはいえません。

され、これからカジノ設置に向けた本格な動きが目立ってくるでしょうが、ここで述べたような「歴史的な視点」からの議論もぜひ期待したいものです。そして、過去の失敗を繰り返されることがないよう、祈るばかりです。