松方弘樹の「遺言」~病に倒れる直前に、彼はすべてを語っていた。

適わないと思うやつも、抱きたい女も
週刊現代 プロフィール

前にもお話ししましたように、僕は鶴田浩二さんに似ていたから本当に可愛がられました。そうすると、健さんからすると(僕は)余計なんですね。昔っから東映ってところは二本立てでやってきた。片岡千恵蔵×市川右太衛門。大川橋蔵×中村錦之助。鶴田浩二×高倉健。両雄がならび立ってきた会社なわけです。

 

僕は鶴田派だったから、健さんは自分のセリフをいきなり僕にフってきたり、試写会で揶揄したりするんです。鶴田のおっさんはからかいますけどストレート、文ちゃんも芝居にあれこれ言いますが男らしい。

でも、健さんはものすごくバリアを張る人で、ぜんぜん男らしくない。〝男高倉健〟はまったくの虚像です〉

Photo by GettyImages

また、松方は当時ならではの撮影現場の様子をこう述懐している。

〈あのころ(一九七〇年代)は、現場はみんなやくざ屋さんが仕切ってくれてましたから。現在とは時代が違いますよね。撮影所で仕事をしていて、今日はどこかの組の親分が来るな、というのはなんとなく判ったものです。空気がピリッとしてましたから。

撮影所の人よけとかでお世話になった地元の親分、僕らが(撮影所に)入る前は、中島源之介さん(京都中島連合会会長)、僕らのころは図越利一さん(京都三代目会津小鉄会会長)は着流しで颯爽と試写に来られてました。撮影所に俳優会館ができたとき、お二人の名前が入った立派な姿見を寄贈してもらいました。

「実録やくざ映画」の時代は本物の方々にずいぶん会いましたね。(中略)「実録」の時代は実際にモデルの方に会って、ずいぶん役作りの参考にさせてもらいました〉

全員が反対した「お笑い」出演

実録やくざ映画路線で活躍していた松方だったが、'74年、NHKからオファーが舞い込む。大河ドラマ『勝海舟』の主演・渡哲也が胸部疾患のために途中降板し、その引き継ぎの依頼だった。

大河の主役を務めて松方の名はお茶の間に広く知れ渡った。しかし松方は放映当時「NHKに出演する気は、もうありません」と語っていた。

〈NHKの仕事は『大衆名作座 人形佐七捕物帳』(六五年~六六年)以来でしたが、スタッフが何でこうもコロコロ替わるんだろうって。

継続するスタッフは衣装部さんとメイクさんと小道具さんだけ。照明も替わる、キャメラも替わる、演出も替わるで、大河ドラマという看板番組なのにスタッフが固定しないんです。演出は五、六人で回してましたね。

スタッフはいろんなものをやってるから、東映みたいに「これは俺の作品だ」っていう、ひとつの作品にあんまり愛情がないんですよ。それはNHKの機構的な問題なんでしょうけど、これじゃなかなかいいものはできないな、と感じましたね〉