「美女と一晩30万円」は安い?4000人に30億貢いだ伝説の紀州のドンファン

75歳の告白
週刊現代 プロフィール
Photo by iStock

「どうやってそんなに女性に出会うのか」とよく聞かれます。美紀ちゃんの時のようにナンパをすることもあるし、銀座や新地(大阪)のホステスさんとお付き合いする場合もありますが、最近は交際クラブに登録して女性を紹介してもらうことが多くなりました。

交際クラブによって異なりますが、なかには入会金が50万円とか100万円とかいう高級なところもあります。そこから「社長、いい娘がいますけど会ってみませんか」と連絡が来て、モデルや女優の卵など、20~30歳手前くらいのかわいい女の子と会うことができるのです。

お互いに気に入れば食事をし、一夜を共にするかどうかも自由。クラブ側はノータッチです。

ナンパは今もバリバリやっています。もちろん、ただ声をかけただけでは相手にしてもらえません。いかに相手を気遣っているかがわかるようにしないとね。

 

実は私は食べ物にはあまり興味がないのですが、女性のためを思って、自分で選んだ銀座の高級天ぷら屋やお寿司屋に連れていきます。食事まで行ってもらえたら、「食事のお礼にブランド物のバッグでもプレゼントしたいけど、あいにく今日は夜も遅いから、今度自分で買ってくれますか。30万円あればいいかな?」とカネを渡します。

さらに「一生に一度の思い出として、キミのような素敵な方と一晩共にさせてくれませんか」と誘いかけるのです。

一晩に30万円という金額は高いと思うでしょうか。たとえばホステスをモノにしようとすれば、一回のクラブ通いで10万円なんてアッという間に飛んでいきます。店によっては「特攻隊」と呼ばれる、客と寝るためのホステスも用意されていますが、私はそういう女性と遊びたいとは思わない。

3回クラブに通って同意した女の子と一夜を共にした、と考えれば、30万円は適正価格だと思います。

なにしろ生まれてこのかた、若い女性とセックスをするために大金を稼いできましたから、人と多少感覚が違うところはあるかもしれません。

でも今でこそ年収は億を軽く超えるようになりましたが、もともと私は戦前の貧乏な家庭に生まれ育ちました。鉄くず拾いで日銭を稼ぎながら、思いついた商売は「コンドームの訪問販売」。

一軒一軒家を周り、「コンドームは要りませんか」と尋ね歩きました。当然追い返されることもありましたが、時には「商品の効果を教えてくれますか」と奥さんに「実演販売」を求められることもありました。

求めてくる客のほとんどは私のタイプでない年配の女性でしたが、そこは商売。懸命に「実演」にはげみ、そのおかげか売り上げは割と伸びていきました。

それでも私は「もっと稼いで、いつか若い美女とセックスしたい」と思い続けていたのです。そんなある時先輩の誘いに乗り、金融業を始めた私は、コンドーム販売では手に入らない大金を手にするようになりました。

金回りがよくなりはじめたころは、銀座や大阪・新地などの高級クラブ通いにもハマりました。ですがその多くは空振り。ホステスにぼったくられたこともありました。

相場の10倍はするようなお好み焼き屋に同伴で連れていかれ、高級バッグを買わされ、ホテルの誘いも「お母さんが倒れた」と見えすいた嘘でドタキャン。

あとでわかったことですが、ホステスはそのお好み焼き屋からマージンをもらっていて、貢いだバッグも質入れされていたようです。私は彼女にとって体のいい金ヅルだったんです。