SMAP「後継者問題」を徹底討論!嵐は「限界」を突破できるのか

ジャニーズに残された「2つの道」
現代ビジネス編集部

カラオケランキングは常に圏外の嵐

 嵐は嵐でキャラクターはあるけれど、より等身大で親密な存在ということでしょうか。ただ、嵐に関して僕がとても不思議に思うのは、「歌われる」曲が少ないということです。

ヒットの崩壊』の取材の中でここ20年のカラオケランキングを調べたんですが、嵐の曲はどの年においてもTOP20圏外になっている。CDは年間1位になっていて、グループも楽曲も広く愛されているのに歌われない。

僕としては、これこそ嵐の特殊性であって、厳しい言い方をすれば限界だとも思っています。いきものがかりの『ありがとう』のように、人々がなんとなく口ずさむ嵐の曲はないんです。

矢野 たしかに、嵐は歌われないですよね。おそらく曲自体が、あまりメロディを重視していないんだろうなと思います。とくに最近は音響面とリズムで遊んでいる印象があって、そうなるとカラオケ文化になじまない。

 

「One Love」や「愛を叫べ」、「Love so sweet」などが結婚式の定番になっているくらいですね。それがAKB48との対立にもつながってくるんですけれども、柴さんのいう「限界」がどう影響してくるか。そういう意味では、音楽に特化して国民的になったという感じは、もしかしたらないかもしれない。

「仲が良さそうな嵐を見ていると幸せになる」というのは理解できますけれども、SMAPと同じような道で「国民的アイドル」を歩むかというと、それは本当にわからないな……。

 もしくは可能性のひとつとして、嵐が今、原点回帰を果たしたんですよね。『Japonism』と『Are You Happy?』というアルバムを経て、次のアクションは「これまでにないこと」をする良いタイミングでもある。

これまでずっと音楽的な洗練の道を進んできた嵐が、「なんとなく口ずさむ曲」に足を踏み入れる可能性もあるし、僕としては嵐にそれを期待してもいる。カラオケランキングの年間1位になる嵐の曲が出てきてほしい。

矢野 僕はカラオケだけが音楽の生き残る道ではないと思うけれど、たしかに「みんなのうた」みたいなのがあったら面白いかもしれないですね。

それをやるなら、SMAPが開拓した「バラエティと音楽」を担うためにもバラエティ番組の企画だといいですね。柴さんが関ジャニ∞に期待しているようなものを嵐がやって、その番組の企画から生まれたノベルティソングとして、みんなで歌えるような音楽があると楽しい。

ジャニーズが進むべきは、宝塚か、K-POPか

 嵐の今後に話が及んだところで踏み込んで言うと、『ジャニーズと日本』ではジャニーズと宝塚歌劇団との共通性が語られていますね。さらに、男性グループで、歌って踊るエンターテイメントを見せるという意味では、一方にK-POPもある。

僕の見立てでは、ジャニーズはK-POPと宝塚歌劇団を並べて「ハンドルをどちらに切るか」というタイミングになっていると思ってしまうんです。

つまり、K-POPはアメリカを極端に意識したエンターテイメントスタイルをとりつつ、明確に国内市場だけでなくアジア全体をマーケットとして射程に入れている。一方の宝塚歌劇団は、グローバリゼーションには全く対応せずに、美しい形の閉じられた花園として舞台を守っている。

たぶん、今のジャニーズは宝塚歌劇団寄りだと思うんです。ただ、ポテンシャルとしてはハンドルを切れるタイミングがここから先の数年にあるんじゃないかと、僕は勝手に思っている。

矢野 ここからの数年で問われますよね。『ジャニーズと日本』でも触れていますが、宝塚歌劇団は教育精神という点でジャニーズと重なるところが大きく、そこにはある種の囲い込みも発生しているかもしれない。

ただ、志向しているのはアメリカから来る表現なので、そこはK-POPと重なる。この2点をつないでいるのはジャニー喜多川という存在そのものです。ただ、ジャニーズの面白さは自らの歴史を再生産していくことにあるから、本来は宝塚歌劇団を忘れてはだめなんです。本当はね。

 あえて対立構造を作って話すと、僕はジャニーズにはK-POPと同じようにアジアをマーケットに開いて、インターネットにも対応していってほしいと考えます。とはいえ、その道を行った時に忘れられていることもあるだろうし、そこは矢野さんに指摘してほしい。

矢野 現実的な問題として、ジャニーズ事務所のビジネスという意味では、インターネットも活用してグローバルに開いたほうがいいんでしょう。もっと日本の流行や潮流に目配せすることも必要かもしれない。ただ、そうなるとこれまでに備わっていたジャニーズの特殊性はたぶん失われるし、表現も凡庸になるおそれがあります。

ジャニーズがジャニーズたる由縁は、そこにはない。戦後のアメリカを出発点として、民主主義とアマチュアリズムが渾然一体に、自らの歴史とアメリカの動向を常に再確認しながら積み上げていったことが、僕の見出したジャニーズの面白さです。

もっとジャニーズがジャニーズらしく、今後も存在感を示すのであれば、しっかり教育機関として機能し、アマチュアリズムとプロフェッショナリズムの両方を抱えることが大事なのだろうと思います。そういう独特な方針がジャニーズの表現を支えていたので。

 宝塚的な要素もかっちり残し、舞台もちゃんとやっていく、ということですね。