# AD special

クルマの燃料費が定額に!?どれだけ乗っても月2,000円

日産リーフが提案する新カーライフ

全国5,600基で充電し放題!

そこで気になるのは、急速充電器の設置数や設置場所ではないだろうか。いくら充電し放題だからといっても、なるべく手軽に充電できるに越したことはない。旅先など不案内な土地ではなおさらだろう。

しかしその心配にはおよばない。近年は国内の電気自動車のインフラ整備が急速に進んでいる。今や急速充電器は全国に約7,000基以上、普通充電器も合わせると約2万3,000基以上もの充電器が設置され、使い勝手がよくなっているのだ。

新東名高速道路 駿河湾沼津SA(上り)の充電スポット。約30分で80%までの充電が可能だ

日産リーフの「ZESP2 使いホーダイプラン」では、加入時にもらえる充電サービスカードを使って、日産販売店舗にある急速充電器1,750基と、高速道路のサービスエリアやコンビニエンスストアなどに設置された急速充電器(運営:日本充電サービス)約3,850基の合計5,600基で充電が可能だ。

この充電サービスカード1枚あれば、全国の約5,600基の急速充電器で充電できる

そして、そこで頼れるのがITサポートである。充電器のあるスポットの場所や詳細情報を専用のナビゲーションシステムで簡単に検索でき、充電スポットの「満空情報」まで教えてくれるので安心だ。さらに細かな相談には24時間・365日、オペレータが対応。万一、充電残量がなくなる「電欠」をしたときでも、24時間・365日対応のコールセンターがレッカー車を手配してくれる。

このように、実に便利でお得な「ZESP2 使いホーダイプラン」だが、今ならさらにお得になるキャンペーンを実施している。日産リーフを購入し、プランに加入すれば、なんと2,000円の月会費さえも2年間無料!つまり燃料費タダで、2年間走り放題なのだ。車の買い替えを考えている人などは、これを期に日産リーフを車選びの選択肢にいれてみてはいかがだろうか。

日産リーフは、いわば乗れば乗るほどお得な車である。燃料費を気にせず、いつでもどこでも行きたい場所へ、好きなだけ車で出かけられる――。そんなカーライフが当たり前になる時代は、もう始まっているのだ。

  • 日産リーフのページはこちら
  • 日産ゼロ・エミッションサポートプログラム2のページはこちら
  • ZESP2 使いホーダイプランのページはこちら
※1:日産自動車調べ。ガソリン車の燃費は17km/Lと想定して算出。ガソリン代は資源エネルギー庁調の全国ガソリン価格(レギュラー)より算出。2016年8月~10月の3ヵ月の平均=123.1円/L