清原、杉内、新井…プロ野球「FA」で幸せになった選手はいない? 

「裏切り者」と呼ばれる野球人生
週刊現代 プロフィール

しょせんはヨソ者

実際、移籍1年目のシーズン、杉内は『スポーツニッポン』のインタビューで、巨人のエースナンバーを背負うことの意味を問われ〈グラウンドにいて当たり前。投げていて当たり前。勝って当たり前。現実はなかなか難しいけど、自分の中では常にそういうイメージを持ってやっている〉と心情を吐露している。

'06年に中日からFAで巨人に移籍した野口茂樹氏も、かつて本誌の取材に答え、杉内と同様の苦悩を語っている。

「肘に故障を抱えていて、休養が必要なことはわかっていた。でも、巨人では少しでも欠場すればポジションを奪われるという不安があって、外様の我々には『痛いから休ませてください』なんて言える状況ではありませんでした……」

FA移籍選手に独特の「重圧」がかかる点は、糸井を狙う阪神の場合もまた同じ。

'76年に南海からトレードで阪神に移籍した江本孟紀氏が言う。

「阪神には、球団内部にも、ファンやマスコミにも、外様と生え抜きを区別する文化が間違いなく存在します。私が現役の当時は露骨で、甲子園球場のロッカールームが『生え抜き選手専用の部屋』と、『それ以外の選手用』の2つに分かれていた。

後に、私が外様で初めての選手会長になったときに同じ部屋に造り直させました。今はあの頃ほどではないにしろ、移籍選手がヨソ者であることを否応なしに意識させられる環境は、相変わらずです」

 

阪神でコーチ、一軍監督を歴任した岡田彰布氏は、阪神にFAで移籍した選手たちの苦しみを間近で見てきた。

「'03年に広島から移籍してきた金本(知憲、現阪神監督)は、オレが知っている中でも屈指の精神力を持っていたけど、それでも1年目は思うように打てなかった。結果を出さなければと思うあまり、ホームランが減った。

オレが監督に就任してからは『お前はホームランを打てるバッターなんだから、そこまでチームバッティングをする必要はない。全力で振り抜け』と、繰り返し伝えた。そうやって周りがケアしなければ、金本ほどの選手でも甲子園の異様な空気に飲まれて、バッティングを崩してしまう」

金本を追うように阪神にFA移籍した新井貴浩(現広島)も、プレッシャーの中で苦しんだ。

広島時代の'05年に43本を放ち、本塁打王のタイトルを獲得した男もまた、阪神では本塁打が激減。和製大砲としての活躍を期待されながら、7年間の阪神在籍中に20ホーマーの大台を超えることは一度もなかった。

「アイツには移籍当初から4番を打ってもらいたかったけど、ヤジを浴びるたびに落ち込んでいるのが目に見えた。少しでも精神的負担を減らそうと、最初は3番を打たせた。それでも、広島時代の豪快なバッティングを取り戻すことは難しかった。新井が広島に戻って落ち着いた環境の中でリーグ優勝して、本当に良かったよ」(前出・岡田氏)