『住友銀行秘史』は、出世とは、組織とはなにかを学ぶ絶好の教科書だ

「会社のために」が会社を滅ぼす
週刊現代 プロフィール

山崎 正直、自分としてはあまりそこで働きたくないなと思いますね……。

まず入行した時点で何年入行、何大学卒という識別番号が付き一生ついて回る。さらに、人事異動や昇進などで最初から最後まで序列が付き、行員たちが互いにそれを意識し合う。そうして、いま自分はどういうポジションにあるかということばかりを意識して働く。人事というものがあまりに重すぎて、情けないほどに人事にだけ合理的なサラリーマン人生を強いられる。

佐高 そういう意味では興味深いエピソードがあって、ラストバンカーと呼ばれた西川善文さんの1年後輩、'62年入行に島村大心という人がいたんです。彼は住銀内の出世コースに乗ったエリートで取締役にも就くのですが、イトマン事件の決着がついた'91年に突然退職すると、高野山に入って、出家してしまう。

山崎 世を棄てちゃうんですか?

佐高 そう、東大法学部を出て、取締役法人本部長まで到達したような人が急に世を棄てちゃう。

山崎 とてもいい出世コースなのに。

佐高 それが高野山に入って、便所掃除までやらされるわけですよ。その時、私は島村さんに話を聞く機会があったのですが、「出世欲にはきりがない」「社長になったらそれで満足かと言えば、そうではなくて、次に実力会長になろうとする。長くその椅子に座り、次に財界の役職を狙う」と言っていました。財界の役職を狙うのは、勲章が欲しいからですよね。

この時の島村さんと西川さんが対照的だったので、私は二人を比較した記事を書いたのですが。やはり島村さんはイトマン事件のトップや役員の生々しい姿を見て、心底この銀行が嫌になったんだと思います。

「派閥抗争」は根が深い

山崎 結局、会社そのものが人事を握った人のものになってしまい、その人が居座り続けている限り、誰も身動きがとれない構造になるのが日本の会社ですよね。それが長引くと腐敗をしていく。最近では東芝などが好例です。みんなその構造に気付いているけれど、誰もおかしいとは言えない。磯田さんのような実力会長であればなおさら、というわけです。

佐高 私は当時の磯田にインタビューしているのですが、それはすごい権勢でしたよ。『住友銀行秘史』の中にも出てきますが、私がインタビューしている最中、磯田は住銀の先輩で住友不動産にいた安藤太郎のことを「安藤君、安藤君」と言うんです。

さらに、第二代住友総理事で住友精神の礎を築いた伊庭貞剛が「事業の進歩発達に最も害をするものは青年の過失ではなく、老人の跋扈である」と言っているという話を振ると、磯田は「伊庭精神はもう通用しませんよ」と不機嫌そうに言い切るわけです。聞いている私からすれば、そこまで言うかね、と。

山崎 ある種の慢心が磯田さんにあったのでしょうね。確か当時、「バンカー・オブ・ザ・イヤー」にも選ばれていたので、舞い上がっていたところもあったでしょう。

 

佐高 私はこの磯田へのインタビューをもとに、『磯田一郎と安藤太郎』という題名で、二人とも「老害だ」と批判する記事を書いたんです。そのあとで驚いたのは、安藤が私に「佐高君、僕は君が好きなんだ」と言ってきたことなんです。「あの記事は良かった」と。「しかし、私は安藤さんも批判したんですよ」と言ったけれど、「それはいいんだ」と言ってね。安藤は自分が批判されたことより、磯田が批判されたことがなにより嬉しかったんです。

山崎 なるほど。私は『住友銀行秘史』を読んでいて、磯田さんというのは非常に「家庭的」な人だという印象を受けたんです。

佐高 それはどういう意味で?

山崎 「家」を守るという思考の強い人だと思ったんです。たとえば磯田さんは「親分=磯田さんに命を捧げます」という誠意を見せる河村さんや西さんを出世させて、徹底的にかわいがっていました。

また、イトマンが闇の勢力に付け込まれる原因になったのは磯田さんの娘の問題が絡みますが、ここでも「家族」というか「ファミリー」というか、自分の身内に特別な意識がある人だという印象を受けるんです。

佐高 逆に言えば、「家」に入らない人は徹底的に遠ざける。

山崎 そうです。身内が大事な人は、身内とそうでない人をものすごく区別するので、磯田派とそうでない人、つまり派閥が色濃くなっていったのだと思います。磯田さんはバンカーとして功績があった人ですが、派閥争いという体質を住銀に持ち込んだ人でもある。いったんそれが銀行の体質として根を張ってしまうと、磯田さんの意思を超えてその悪習自体が育っていってしまう。

佐高 その権力が人を不遜にするし、権力を持っている人の周囲が人を傲慢にさせる。しかし、一度その権力に陰りが見えれば、一気に人が去っていくのもまた現実なわけです。『住友銀行秘史』の中でも、磯田退陣が近いとわかってくるや、側近たちは即座に向く方向を変えていたでしょう。

私がいまも強く印象に残っているのは、あのワンマンで知られた三越の岡田茂社長です。