日本一早い大予測!プロが分析「ドラフト1位選手、来年はこうなる」

完成度が高い柳、即戦力の濱口
週刊現代 プロフィール

オリ1位の山岡もさすが

前出の中村氏が即戦力として名前を挙げるのが、DeNA1位の濱口遥大(神奈川大)だ。

「DeNAはルーキーの今永昇太がブレイクし、2年目の石田健大と3年目の砂田毅樹も良くなってきて、左腕の駒は揃っている印象だったのに、敢えて同じ左腕である濱口をとりにいった。これは、相当な期待があるはずです。先発か、中継ぎかはわかりませんが、早い段階で出て来るのではないでしょうか」

社会人での経験を買われオリックスから1位指名を受けたのが、東京ガスの山岡泰輔だ。172㎝と小柄で、直球も140㌔台中盤だが、ずば抜けた制球力がプロのスカウトの眼鏡に適った。

「上背がないぶん、全身をバネのように使った投げっぷりが良く、ボールのキレで勝負できる。オリックスのエース・金子千尋と似た雰囲気を感じます。当面はリリーフとして起用されると思います」(前出・中村氏)

大卒の投手と同じく、高校投手でも目玉選手がずらりと並んだ。その中で、スカウト達の熱い視線を最も受けたのが、夏の甲子園の優勝投手、作新の今井達也だ。

「甲子園での投球もさることながら、我々が今井をビッグ3を凌ぐ存在としてはっきり意識したのは、U-18日本代表戦における彼の鮮烈なピッチングを見た時でした」(在京球団スカウト)

8月末に行われた大学日本代表との壮行試合では、150㌔超を連発し、2回5奪三振。続くアジア大会の2度の台湾戦は、疲労で130㌔前半の直球しか投げられない状態で先発。台湾打線が縦の変化球に弱いことを見抜いた今井は、スライダーやカーブの割合を増やし、いずれも無失点で優勝に貢献した。

「体の線はまだ細いですが、ムチのようにしなる腕から放たれるストレートは天性のものがあり打者の手元で伸びるから打ちづらい」(前出・野村氏)