なぜアイドルの「寿命」は2010年代に入って劇的に伸びたのか

「ヒットの方程式」が変わった
柴 那典 プロフィール

10年代の前提条件

では、新人や若手のアーティストはどのように夢を摑めばいいのだろうか?

日本を代表するパンクバンド「ハイ・スタンダード」のメンバーであり、現在もソロ名義の「Ken Yokoyama」としてシーンを牽引する横山健のスタンスが参考になる。

彼はミュージシャンとしてだけではなく、自らが所属するインディーレーベル「ピザオブデス」の運営にも代表取締役社長として携わる。若手バンドの発掘と育成にも力を入れる彼は「やる気ひとつ、考え方ひとつで、残ってく奴が残っていける」と言う。

僕はただのミュージシャンじゃないから。自分でレコード会社も経営して、若い奴らにいろいろ教えていかなきゃいけない立場でもあるから。やっぱりドライな状況を突きつけられてて、ドライにならざるを得ない。
新人に対して「腐らずに頑張ってれば売れるから」なんて無責任なことは絶対言えないでしょ。だったら現実を認めて、バンドの名前を少しでも大きくする手伝いをしてあげるしかない。
そしたらライブもやりやすくなるし、グッズだって売れやすくなるし。(リアルサウンド「横山健が今の音楽業界とインディーズ・レーベルのあり方に切り込む」2013年10月17日更新)

横山は「CDが売れないバンドでもライブで食っていくことができる」と、10年代のロックバンドが直面している現状をポジティブに語る。

ただ、その一方で、かつてのハイ・スタンダードのように100万枚を超えるセールスを夢見られるような時代ではないと、シビアな現状認識も持っている。

それだけに、若い世代のアーティストをどう育て、どう大きくしていくか、それが厳しい道であることも認識している。そもそもメジャーレコード会社とインディーレーベルは資金も組織の規模も大きく異なる。

 

先の『週刊ダイヤモンド』の記事では、90年代、新人アーティストに億単位の投資を行うのは珍しくなかったと業界関係者が語っている。一方で多額の投資、大規模なプロモーションをインディーレーベルが行うのは難しい。

しかし、それでも彼は「時代を彩るような新人」を世に送り出すことに成功している。2014年にピザオブデスが初めてレーベル&マネジメント契約を結んだバンド「WANIMA」がそうだ。

熊本県出身の3人組ロックバンドは、まったく無名の段階から先輩バンドのツアーに同行し、各地の音楽フェスへの出演を経て、徐々にロックファンの支持を固めてきた。

そして2015年11月にリリースした1stアルバム『Are You Coming?』はオリコン週間シングルランキングで初登場4位を記録。最も勢いのある若手バンドとして話題を集めると、2016年夏には『ミュージックステーション』に出演。CMタイアップも獲得し、ロックファン以外にも知名度を広げている。

この事実からは、若手バンドがブレイクに至る道程が90年代とは変わってきたことが窺える。かつてはメジャーデビューのための登竜門的な位置付けだったインディーレーベルもその意味合いが変わった。

メジャーに所属することを選ばず、インディーのまま活動を続けるアーティストも増えた。さらにはインディーレーベル所属のまま「売れる」バンドも登場した。新人アーティストが夢を摑むことができるようになった。

かつてのような話題先行型の「ヒットの方程式」は失われた。しかし、アーティストが長くキャリアを重ねていくための土壌は、かつてよりも豊かになっている。

若手や新人にとっても、ライブを主軸にした地道な活動の先で人気を拡大し、SNSとマスメディアの波及力を追い風にブレイクを果たすことができるようになっている。

それが、10年代の音楽シーンを語る上での前提条件となっているのだ。