音楽を「売らない」新世代スター!? 最先端の「ヒットの法則」とは

「圧倒的勝者」が独占する未来
柴 那典 プロフィール

アデルの記録的成功

ストリーミングサービスへの限定配信のみがヒットの条件になっている、というわけでもない。まったく逆の例もある。

アデル『25』がその代表だ。ロンドン生まれの歌姫が2015年11月にリリースした3枚目のアルバムは、ポピュラー音楽の歴史に残る記録的なメガヒットを成し遂げた。

アデル〔PHOTO〕gettyimages

『25』は、あえてリリース時点ではアップル・ミュージックやスポティファイなどのストリーミング配信に楽曲を提供せず、従来通りのダウンロード配信とCDのみの形で発売された一枚だ。

結果、アルバムはリリース初週に全米で338万枚、全英で80万枚を売り上げ、アメリカではイン・シンク『ノー・ストリングス』(2000年)、イギリスではオアシス『ビー・ヒア・ナウ』(1997年)が持っていた数字を上回る、史上最多の初週セールス記録を達成した。

世界中で同時にリリースされたアルバムは各国でヒットとなり、計32ヵ国でチャート1位となった(ちなみに日本では7位だった)。

 

規格外のヒットはその後も続いている。2016年5月には全世界で1800万枚のセールスを達成。その後6月にはようやくストリーミングサービスに解禁され、その再生回数が再びチャート順位を押し上げる形でロングヒットを続けている。

ここでの重要なポイントは、今の時代も音楽シーンに「スターが生まれている」ということだ。それも、グローバルな規模で圧倒的なスケールの成功をおさめるアーティストが登場している。

アデルは間違いなくその代表だ。

2008年にイギリス最大の音楽授賞式「ブリット・アワード」の批評家賞を受賞し注目を浴びた彼女は、同年にリリースしたデビュー作『19』でそのソウルフルな歌声が絶賛され、若き実力派女性シンガーとしての座を揺るぎないものにする。さらに2011年にリリースされた『21』が決定打となった。

ファッション性やポップアイコンとしての存在感、セレブスターとしての話題性ではなく、純粋な歌の力だけで支持を広げた。結果、アデルは翌年のグラミー賞の主要3部門を独占。アルバムはロングセールスを続け、その売り上げは全世界で3000万枚となる。

そんな状況の中、4年ぶりのアルバムとして発表されたのが『25』だった。ドラマティックな楽曲と圧倒的な表現力を持った歌声が、世界中でセンセーションを巻き起こしたのである。

「ニッチの時代」は来なかった

アデルの成功が象徴する、一つの事実がある。

少し前まで、インターネットの普及は「ニッチの時代」をもたらす、と思われていた。米『ワイヤード』誌の編集長をつとめていたクリス・アンダーソンが提唱した「ロングテール」という概念がそのキーワードとなった。

彼が2006年に刊行した『ロングテール─「売れない商品」を宝の山に変える新戦略』(早川書房)はベストセラーとなり、多くの人々がその考えに共鳴した。

人々の興味は細分化している。それぞれの価値観は「島宇宙化」している。一方で、ITの進歩によって多数の商品の管理や宣伝コストは限りなくゼロに近づいている。

その結果として「ニッチ商品」(=ロングテール)が力を持ち、ビジネスのあり方は「ヒット主導型」ではなくなっていく──。そう信じられていた。

しかし、現実は違った。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/