# 週刊現代 # 芸能

ドキュメントSMAP解散〜あの夜、キムタク抜きで話し合われたこと

電光石火の逆襲劇のすべて
週刊現代 プロフィール

これ以上、今後のグループの音楽活動について説明をしないままでは、スポンサーやファンから不信を招くことになる。

事務所サイドはメンバーに対して、個別に活動の休止を提案する。

「演出にしか興味がないはずのジャニーさんが、SMAPのためにそこまで骨を折るのは異例中の異例。4人もそんなジャニーさんの思いを無にすることもできず、いったん活動休止で落ち着きました」(前出・関係者)

 

しかし、結局、前述のように、木村以外の4人の申し出により、解散という形になった。

そもそも分裂の口火を切ったのは、メリー氏が飯島氏を激しく詰問したこと。その当のメリー氏は今のところ沈黙しているが、SMAPの解散自体については歓迎だという。SMAPのファンクラブ会員は100万人。年会費だけでも40億円だ。ドル箱を失ってもいいのか。

「最後にベストアルバムやDVDを発売すればビジネスになりますし、後輩グループの出番が増えることのほうが大事なのです。なにより、自分でコントロールできないグループの問題を、自分が元気なうちに処理しておきたかった」(前出・局員)

ジャニー氏に背いた木村以外の4人は、このまま芸能界をフェードアウトする可能性もある。

「週刊現代」2016年9月3日号より