侍ジャパン小久保監督の背中を押した恩師・王貞治の言葉

島地勝彦×小久保裕紀 【第4回】
島地 勝彦 プロフィール

小久保 根本さんという方は、亡くなられたあともいろんなところでお名前が出てきて、やっぱり凄い人だなあと、ぼくも感じています。

世界の王さんが監督としてダイエーにこられたとき、あまりにも凄い監督がいらっしゃったので、選手のみんなが萎縮していた時期があったんですね。そのころ根本さんは球団のフロントのトップだったんですけど、選手全員を集めてこういったんです。「お前たち、なに緊張しているんだ。あれはただのラーメン屋のせがれだよ」と。そこでみんな笑って緊張が和らいだという感じでした。

シマジ うまいですね。大したお方です。

小久保 ちょうどぼくがプロに入って1年目、根本監督にいわれた言葉でしっかり覚えているのは「お前は将来指導者になるんだから、自分のプレーを一生懸命する以外に、指導者としての自分をどうするかという目を持ちながら野球人生を歩みなさい」ということです。

シマジ 根本監督には将来の小久保さんのことがみえていたんですね。

小久保 石毛宏典さんが西部からトレードできたときも、まったく同じことをいわれました。「お前はどうせ監督をするんだから、選手として一生懸命やるのは当たり前。チームとしてどうかということをちゃんとみれるような目を訓練しておきなさい」と。先輩たちのお蔭で、当時からそういう目を常に持っていました。

シマジ しかし小久保さんは監督の経験もコーチの経験もないところから、よく侍ジャパンの監督を引き受けられましたね。

小久保 引き受けざるを得ない状況まで、ていねいに説得されたというのが本当のところです。王さんに相談に行くと「小久保、お前はまだ若いんだから、失敗を恐れず思い切ってやれ」といっていただき、最後はその言葉が背中を押してくれました。

シマジ たしかいままでの監督でいちばん若いんですよね。

小久保 はい、いちばん若いです。王さんの言葉の後押しもあったんですが、内心では「これは誰でも出来る経験ではないぞ。人生は一回だ、よし、チャレンジしよう」と思ったんです。

セオ プロスポーツで日本が世界一になれるものって、そうそうないですから、侍ジャパンに対する期待は大きくて重いですもんね。