偏差値78のAV男優が見つけた答え「セックスとは孤独の克服である」

森林原人×二村ヒトシ【第3回】

男だって喘いでいい

二村: 男だって乳首を舐められて喘いでいいし、アナルで感じてもいいということを、僕は監督として作品にしてきました。でもそれは未だに、公には認められていません。乳首を舐められた男が「ああん」と悶えるのはキモいと感じる心が、まだ一般の女性にも男性にもある。

森林: えっ! そうなんですか……。

二村: 男が悶えると女は誰でも喜ぶと思うのは、われわれがエロい女性とばかりやっていて、感覚が麻痺しているからですよ。

森林: 男が喘いだら嬉しくないですか? マグロの男よりは嬉しいですよね?(と、会場の女性たちに呼びかける)

女性編集者: はい、嬉しいです(笑)。

二村: 彼女は講談社の社員として、あえて進歩的な立場をとってくださった(笑)。むしろ男性のほうが抵抗あるんじゃないのかな。風俗店でならいざ知らず、男が彼女や奥さんの前であんあん悶えられるのなら、たいしたものですよ。あなたはいかがですか?(と、会場の男性編集者に訊く)。

男性編集者: いや、ちょっとそれは……。

二村: それが世間の良識というものでしょう(笑)。

森林: そこは僕にもわからない未知の領域です。実際に結婚して、歳月を経ないとわからないのでしょうね。ですから僕が本に書いたのは狭い範囲のセックス論です。

二村: いや、狭くはないと思いますよ。森林君の言葉は遠くまで届く言葉です。それに、そもそも書籍に求められているのは広さでもありませんしね。

森林: 今回の本を書くまでに、だいたい一年かかりました。途中でネタに詰まったり、表現の仕方を悩んだりしていたわけですが、いろいろな問題を深く考えていくうちに、セックスを分析する癖がついてしまいました。「恋愛とは」「セックスとは」と深く考えすぎると、セックスを楽しめなくなりませんか。

二村: 僕もいっとき「自分は分析しすぎているな」と思った時期がありました。でも最近は「理屈っぽいことを言うのが俺の仕事だ」と開き直ってきた(笑)。それによって、かえってセックスが豊かになった感じがします。セックスがより面白くなってきた。