知られざる天皇家の「闇」をあぶり出した、ある女官の手記

明治大正期の貴重な証言
原 武史 プロフィール

後のことであるが、1921(大正10)年に皇太子裕仁(後の昭和天皇)が訪欧し、帰国するや生活全般を西洋風に改めると、皇后は正座ができなければ祭祀を行うことができず、神への信仰もおろそかになるとして危惧の念を抱いた(原武史『皇后考』、講談社、2015年)。

昭和天皇の弟、秩父宮雍仁(やすひと)も、1951(昭和26)年に貞明皇后が死去した直後に「世の中の移り変りに従って宮中の例を改めるということには、きわめて消極的であった」と回想している(「亡き母上を偲ぶ」、『皇族に生まれて』、渡辺出版、2005年所収)。

しかし三千子に言わせれば、貞明皇后はもともと西洋風だったのであり、宮中に悪しき風俗を持ち込んだということになる。

しかも貞明皇后は、大正天皇が三千子に好意をもっていることを見逃さなかった。それもそのはず、天皇はたとえ皇后を同伴しようが、三千子に対する態度を改めようとはしなかったのだ。

「ちょっと皇后宮様のおみ顔をご覧なさい」(238頁)とささやかれたということは、傍から見ても皇后の表情は明らかに変わったのだろう。

三千子について皇后は、「あの生意気な娘は、私は大嫌いだ」(同)と公言していたという。一種の嫉妬であろう。

ちなみに烏丸花子が退官したときには、徳冨蘆花は「お節(さだ)さんのいびり出しだ」と推測している(前掲『蘆花日記』6)。貞明皇后の名は節子(さだこ)であるから、「お節さん」は皇后を意味する。

三千子が退官し、京都に帰ることを皇后に報告したとき、皇后は「殊のほか御機嫌よく、お笑顔で、『なかなか御苦労でした』などとのお言葉」(296頁)をかけたというのも、皇后にとっての「目の上の瘤」が一人減ったからのように見えなくもない。

宮中という世界の「闇」

貞明皇后に対する三千子のトゲのある言い回しは、幾重もの陰影を帯びつつ、「あとがき」に至ってついに頂点へと達する。

編集部からのお知らせ!

関連記事