タイムリミットはすぐ!なのに……不妊治療「後進国」ニッポンの真実

件数は世界一、でも出産率は世界最下位
浅田 義正, 河合 蘭 プロフィール

妊娠できない不妊治療が大量に行われている

出産率が低い一方で、日本は、ARTの実施件数は、60ヵ国・地域中で第1位でした。つまり日本は、国際的に見ると、「妊娠できない不妊治療が非常にたくさん行われている」ということになります。

日本の2010年のART実施件数は24万2161件でした。これは第2位の米国の約1・6倍にあたります。ところが、治療によってどれくらいの子どもが生まれているかというと、米国の半分にも満たないのです。

不妊治療を受ける人は、まずこのような日本の現状を知ってほしいと思います。

食事や冷え予防などの自然療法を行うことは、健康状態全般のためには大切なことに違いありません。生活が乱れて、そのために体力が落ちているのであれば、なおさらです。

しかし、それだけでは妊娠に至らない人が、現実にはたくさんいます。

不妊治療の最前線にいる専門家から見れば、昔の学校で習った知識は間違っていることも少なくありません。まだ生殖医学が進んでいなかった時代の知識では、現在の不妊治療を理解することはできません。

「スマホで検索すれば、知識など無料でいくらでも得られる」と思うのも、現代の落とし穴のひとつです。

無料で楽しく見られるインターネットの情報は、画面の背後にさまざまな妊娠ビジネスが動いていることがあります。そうした情報は、見た人が妊娠できることより、ビジネスとしての利益を優先している可能性もあります。不安をあおったり偏った説明をしたりすることで、特定の商品や組織にお金を払いたくなるよう巧みに誘導するのです。

不妊に悩む人たちに、本当の情報、最新の情報を届けたい──その思いから、私たちはこの本を執筆しました。「妊活」という言葉では片づけられない、本当の生命の仕組みについて、知っていただけたら幸いです。

あまり語られる機会がなかった不妊治療の真実がここに詰まっています。不妊に悩む方も、これからを考える方も、必読の一冊です(amazonはこちらから)