オバマ大統領の退任が世界にもたらす地殻変動~米国の「リバランス」政策はどこへ向かうのか

佐藤 丙午 プロフィール

「リバランス」の評価はすぐには困難

現実には、政権終了時に「リバランス」を評価するのは困難である。

オバマ政権は北朝鮮の核開発を止めさせることはできず、中国の軍事的台頭を抑制することに成功しなかった。さらに、アジア太平洋に多国間主義機構を誕生させることはできず、TPPの合意に至ることはできたが、国内の反対派を説得する見通しも立っていない。次期大統領候補の二人(クリントンとトランプ)は、共に現行のTPPに対する反対を表明している。

このことが意味するのは、「リバランス」は中国の台頭に対する「均衡」や「ヘッジ」ではなく、長期にわたる競争関係を安定的に管理し、米国のみが関与の負担を被ることを避ける包括的な政策の総称なのであり、米国自体も関与の中断や後退を意図しているものではないということである。

しかし、その成果は個別の政策の成果というものではなく、中国の台頭の管理という、長期の対応が必要であり、なおかつ成果は秩序の現状維持という目に見えにくいものであるため、成否の評価を下すことが困難なのである。

「リバランス」を進める過程で、同盟国や友好国は米国の関与のレベルをめぐり、「期待のギャップ」に直面することになった。

この政策は、中国の台頭に対する抑止や均衡の維持を、米国が単独のアクターとして関係国を主導して実現するものではないため、米国の直接的関与を期待すると成果を得ることができず、米国の衰退や「見捨てられ」の恐怖を感じることになるのである。

米国にすると、関与の在り方の変化を同盟国や友好国を受け止めるまでの間、常に米国を求める個別の声の圧力に直面するものになった。