広島カープ「新・黄金時代」がやって来た!現役コーチたちが明かす「最強打線」の秘密

25年ぶりリーグ制覇へ
週刊現代 プロフィール

丸が当時を振り返る。

「去年の秋のキャンプから、チームとしては強いスイングというのをテーマに振り込んできた。

でも、ただ漠然と量を打つだけではなく、いかに点を取るか、そのための考え方を、石井コーチを含めた3人のコーチといろいろ話しました。

そのことによってだいぶ気持ちが楽になりましたし、自分の中で引き出しが増えた感じがしています」

チーム全員が飢えている

カープ最後の優勝となった'91年に現役選手だった高ヘッドコーチが続ける。

「同じアウトになるにしても、走者を進めてアウトになろうよ、と昨年秋のキャンプから意識をたたき込んできて、それが実を結びつつあります。でも勝負所はまだ全然、先にある。(緒方)監督ともほかの首脳陣とも、『優勝』という話はまだ出ていませんが、いい位置にいるのは確かです。

1975年、球団創設25年で初優勝しました。今年は'91年以来、25年ぶりの優勝を狙うシーズン。そういう意味でカープは『25』という数字に縁があると感じています。

今は、いい野球を1戦ずつ積み重ねることしか考えていません。これまでも毎試合、必死にやってきましたが、今季は特に、1試合終わった後の疲れ方が違う。それだけ魂をこめて戦っている、ということです。

もちろん、その先にある優勝は味わいたい。選手たちも飢えているでしょうが、僕らも飢えているんです」

丸が仲間を鼓舞するヤジを飛ばしたその日、練習の最後に行ったメニューは野手全員によるバント練習だった。石井コーチが投げる球を、1球で仕留め、ダイヤモンド内に転がす。ポップフライをあげた選手には、厳しい罵声が飛んだ。鈴木のような華々しい一発がクローズアップされるが、好調・赤ヘル打線を支えるのは、「1点をもぎとる執念」だ。

小さなワンプレーを大切にし、その積み重ねの先に大きな花が咲く。それこそが「強い赤ヘル」の伝統芸である。

「週刊現代」2016年7月9日号より