トイレで連れション中に人事発令!? ソニーのトップシークレットを知り尽くした新人時代の特異な体験談

島地勝彦×植山周一郎【第3回】
島地 勝彦 プロフィール

シマジ 結婚して何年経つの?

植山 もう45年目。シマジさんは?

シマジ うちは50年目。やっぱり女房は人生の戦友だね。戦友にしてしまえばもうこっちのもんだよ。

ヒノ どうしてこっちのものなんですか?

シマジ お前が結婚したら教えてあげるよ。

植山 でも考えてみると、見合いしたころのぼくはずいぶんダサかったと思うな。よく結婚してくれたといまでも感謝しているんですよ。

シマジ その感謝の気持ちが大切なんだよね。

〈次回につづく〉

植山周一郎 (うえやま・しゅういちろう)
1945年、静岡県生まれ。一橋大学商学部卒業、スタンフォード大学院S.E.P.修了。英国ソニー販売部長、ソニー本社宣伝部次長などを歴任した後、株式会社植山事務所を設立。翻訳、講演、テレビ番組の企画・司会などを手がける。ヴァージン・グループ顧問、サッチャー元英国首相の元日本代理人。現在は一橋大学非常勤講師として、グローバルビジネスをテーマに英語で講義を行うほか、企業での英語研修・海外ビジネスコンサルティング、講演活動も多く手がける。『ヴァージン―僕は世界を変えていく』(リチャード・ブランソン著)、『D.トランプ 破廉恥な履歴書』(ジョン・オドネル著)、『世界の一流から学んだ仕事の品格』など著書・翻訳書多数。「植山周一郎のグローバルサロン」http://www.ueyamaoffice.com/
島地勝彦 (しまじ・かつひこ) 1941年、東京都生まれ。青山学院大学卒業後、集英社に入社。『週刊プレイボーイ』『PLAYBOY』『Bart』の編集長を歴任した。現在は、コラムニスト兼バーマンとして活躍中。『甘い生活』『乗り移り人生相談』『知る悲しみ』(いずれも講談社)『バーカウンターは人生の勉強机である』(阪急コミュニケーションズ)『お洒落極道』(小学館)など著書多数。Webで「乗り移り人生相談」「Treatment & Grooming At Shimaji Salon」「Nespresso Break Time @Cafe de Shimaji」を連載中。最新刊『蘇生版 水の上を歩く? 酒場でジョーク十番勝負』が好評発売中!

著者: 開高健、島地勝彦
蘇生版 水の上を歩く? 酒場でジョーク十番勝負
(CCCメディアハウス、税込み2,160円)
1989年に刊行され、後に文庫化もされた「ジョーク対談集」の復刻版。序文をサントリークォータリー元編集長・谷浩志氏が執筆、連載当時の秘話を初めて明かす。

amazonこちらをご覧ください。
楽天ブックスこちらをご覧ください。
 

著者: 島地勝彦
お洒落極道
(小学館、税込み1,620円)
30代、40代の男性を中心に熱狂的ファンを抱える作家、島地勝彦氏の『MEN’S Precious』誌上での連載「お洒落極道」が、待望の書籍化!

amazonこちらをご覧ください。
楽天ブックスこちらをご覧ください。