70年ぶりに蘇ったヒトラーに共感!? 劣化する日本に通じる「不気味な恐ろしさ」の正体

辻田 真佐憲 プロフィール

ヒトラー役に扮する俳優が突然町中に現れて、アドリブ形式でひとびとに突撃インタビューを敢行。ヒトラーの意見に同調してしまうドイツ人の姿をあぶり出していく。そして最後には、本物の難民排斥デモの映像が重ねられるのだ。

現実と虚構の不気味な混ざり合い――。それまで無邪気に笑っていた観客は、ここで現実社会の問題をつきつけられ、ゾッとさせられる。

その恐ろしさの原因は、原作者ヴェルメシュの言葉を借りれば、「ヒトラーを笑っている」つもりが、いつの間にか「ヒトラーと一緒に笑っている」にすり替わっていることによるものだろう。われわれは、知らず知らずにヒトラーの話術に取り込まれ、彼に共感し、同意してはいなかったかと突きつけられるわけだ。

この独特の恐ろしさこそ、本作を特徴づける最大のポイントである。

この映画が受け入れられた理由

このように『帰ってきたヒトラー』はとても刺激的な作品だが、欧米では概ね肯定的に評価されているようだ。

その理由はこうである。ドイツ人はナチ問題についてもう十分に啓蒙されている。だから、ブラックジョークを受け入れる余裕がある。また、学校教育のようなお固いものだけでは退屈で効果が薄い。そこで、ブラックジョークによる啓蒙も有効だろう、と。

私もこの意見に完全に同意である。とはいえ、この意見はなかなか重い。なぜなら、これは社会の啓蒙とセットだからだ。もし、社会が民族差別や排外主義に染まってしまえば、このブラックジョークは反対に作用する恐れがある。

ドイツはドイツ人のものだ。難民はでていけ。そういえばかつてヒトラーという政治家がいたな。彼の言動にも一理ある。そうだ、「悪いことばかりじゃなかった」――と。これではまったく意味がない。それどころか有害ですらある。

この点、映画版は、ヒトラーの言動と昨今のヨーロッパにおける難民排斥の動きを意識的に結びつけており、たいへん啓発的である。あたかも、「この作品が薬になるか、毒になるか。それは現実社会に生きるお前たちにかかっている」といわんばかりだ。

といっても、本作は決しておカタイ映画ではない。むしろ面白く、笑える箇所も多い。だが、それゆえにこそ、笑って済まされぬ重い課題を観客に与えるのである。この構成は実にみごとであり、高く評価されているのも宜なるかなと思われる。