「固定資産税」払いすぎが全国で続発中〜役所から「高額請求書」が届いたらココを見よ!

あなたは大丈夫ですか?
週刊現代 プロフィール

ミスの頻発する固定資産税。取られすぎないためには、どうしたらよいのか。ファイナンシャルプランナーの深野康彦氏は、こう指摘する。

「『高すぎる』と思った場合、プロに調査を頼むなら、基本的には税理士に調べてもらうことになります。ただ、税理士にも固定資産税を専門にしている人はほとんどいない。

通常は税務の工夫のしようがなく、依頼も少ないので仕事にならないのです。ですから、問題に気付けないことはある。普段、頼んでいる税理士の説明に納得できなければ、別の税理士にセカンドオピニオンを求めてもいいでしょう」

まずは「高すぎる」という感覚が正しいか、自分自身でチェックしてみるところがスタートだ。2ページの図のチェックポイントなどを確認し、不審な点は市区町村の資産課税課などに問い合わせよう。

愛する我が家を最後まで守れるのは、自分自身しかいない。

「週刊現代」2016年6月18日号より