「ならず者」に惹かれる作家・永瀬隼介さんが選ぶ「人生最高の10冊」~「足で稼ぐ」書き手になりたくて

永瀬隼介さんのベスト10冊

第1位遠野物語・山の人生
柳田国男著 岩波文庫 920円

日本人の死生観、自然観を凝縮した民俗学の金字塔。「津波で喪った妻と浜辺で再会する男の物語は本当に哀切です」

第2位冷血
トルーマン・カポーティ著 佐々田雅子訳 新潮文庫 940円

一家4人を縛りあげ射殺した犯人の心の奥底に迫る。「舞台となった米カンザス州を訪ねた時は感慨深かったです」

第3位ジャッカルの日
フレデリック・フォーサイス著 篠原慎訳 角川文庫 840円

ドゴール大統領暗殺を依頼された凄腕の殺し屋ジャッカルを追え! ジャーナリストだった著者が実話を元に書く傑作

第4位破獄
吉村昭著 新潮文庫 670円

脱獄を繰り返す佐久間清太郎と警察の頭脳戦。実在する伝説の脱獄犯に着想を得た小説

第5位死の家の記録
ドストエフスキー著 工藤精一郎訳 新潮文庫 750円

過酷なシベリアでの4年間の獄中記。ドストエフスキーの名を世界に知らしめた一冊

第6位『黒澤明vs.ハリウッド「トラ・トラ・トラ」その謎のすべて
田草川弘著 文春文庫 895円

'07年のノンフィクション賞を総なめにした快作。「黒澤監督が真の巨人だったと分かる」

第7位『日本三文オペラ
開高健著 新潮文庫 514円

舞台は大阪の城東地区。泥棒で日銭を稼ぐ「アパッチ族」のギラギラした生き様を描く

第8位『ダーク』(上・下)
桐野夏生著 講談社文庫 上552円・下571円

「シリーズもので愛されてきた主人公像が解体される。予定調和を拒否した姿勢が強烈」

第9位『フェルマーの最終定理
サイモン・シン著 青木薫訳 新潮文庫 790円

「最大の難問」を解き明かそうとした数学者たちの挑戦を描くノンフィクション巨編

第10位『スターリン暗殺計画
檜山良昭著 中央公論社 入手は古書のみ

「ゾルゲを超える大物スパイの秘密を虚実織り交ぜ、インタビュー形式で描く怪作」

『週刊現代』2016年6月11日号より