「英語格差」を乗り越えるための新常識〜植えつけられた苦手意識はこう取り除け!

ベストセラー『本物の英語力』誕生裏話
鳥飼 玖美子

私は、その新設学部での外国語教育カリキュラムを策定したが、日々の英語授業は英語教員に一任していた。私が唯一担当していた講義は全員必修の『コミュニケーション概論』である。

その授業では毎回、1年生全員を前に、「コミュニケーションとは何か」を講義し、毎回のテーマに基づきグループに分けてディスカッションをしたりレポートを書いてもらったりした。

進退で悩んでいた時期に、私は何かに押されるようにして『本物の英語力』を書き続けたが、それは私の授業を受けていた学生たち一人一人の顔や声を思い出しながら、「英語を嫌いにならないで」「英語は、本当は面白いものだと分かって」「英語は楽しく学ぼうよ」そして「英語格差を飛び越えようよ」と語りかけたメッセージであったといってよい。

本書が読者に広く受け入れられたのは、私のその思いが、学生たちと同じような気持ちでいる人びとに届いたということなのかもしれない。

読者からの反応

読者からの反応の最初は、アマゾンに掲載されたカスタマーレビューだった。

最近の日本で推進されている教育改革における「英語教育の混迷の中で、私たち日本人のように英語を母語としない人たちがどのように英語に関わっていくことができればよいかを示してくれている良書」とあり、本書で感銘を受けた点として、ネイティブ・スピーカーの発音を過度に目指すのではなく、「自分の主張などをしっかりと持ちながら臆することなく日本人としての英語でコミュニケーションすること」が挙げてあった。

さらに「海外から日本にこれほど多くの人たちが訪れる時代です。他の国からの人々と英語を通じてコミュニケーションをとることができる楽しさも本書を通じて理解していただけると感じます」とあり、著者の意図を汲み取っての評をありがたく思った。

アマゾンのレビューや編集部に届いた手紙の中で、「英語格差」に触れた感想は少なかったが、大学教員から個人的なメールが来た。

「日本社会における〈英語格差〉問題、たしかに深刻です。中高であきらめてしまった子の挫折感と絶望感たるや、想像に難くない。大人たちが母語で勝負しろ、と励ましてやれればいいのですが……」という自問自答であった。