プロ野球、なぜセ・リーグはパ・リーグより「弱い」のか? その意外な理由

交流戦直前! 緊急特別座談会
二宮 清純, 川口和久, 西山秀二 プロフィール

二宮: 不思議とソフトバンクは“ヒール役”にならないですよね。

川口: ええ。ソフトバンクがこけない限りは、他のチームは上にはいけないでしょう。そういえば、この前ソフトバンク戦を見ていて、ロベルト・スアレスは凄かった。

二宮: たしか158キロ右腕というフレコミでしたね。

川口: まず球威が凄い。あとは投げ方がちょっと変わっています。その変な間が、バッターにタイミングを取りにくくさせている。

二宮: 第2のデニス・サファテになりそうですね。ソフトバンクは戦力が豊富です。

川口: そうそうそう。あそこは引き出しがいっぱいありすぎる。だからあの球団は崩れようがない。

西山: ある人が「スアレスのようなピッチャーは2軍にゴロゴロいる」と言うてました。あれだけの戦力があれば、ソフトバンクの強さは当分続くでしょうね。

「パ高セ低」の意外な理由

二宮: さて、いよいよ来週から交流戦が始まります。2005年に交流戦が始まって以来、セ・リーグがパ・リーグに勝ち越したことは1度だけ。昨年のセ・リーグは44勝61敗3分けと大敗を喫しました。これは力の差でしょうか?

川口: いえ、野球のシステムの差ですよ。セ・リーグもパ・リーグと同じようにDHにすればピッチャーは育つと思います。セ・リーグの場合、継投は後々の打順のことを考えて決めなければなりません。投げているピッチャー自身も“次の回はオレに打順が回ってくるから、この回までだな”と計算してしまいますよ。

二宮: たしかにそうですね。半面、ピッチャーの継投は野球の面白さのひとつであるとも言える。監督の腕の見せ所じゃないでしょうか。

川口: その意味では現状のままでいいのかもしれません。だけど、それだと力の差は開く一方ですよ。

二宮: “パ高セ低”は続くと……。

川口: 去年の横浜DeNAは貯金が10個もあったのに、交流戦が終わったら全部使い果たしていました。