5年後、10年後に「生き残る会社/消えている会社」を実名公開!

すべてのサラリーマンと就活生必読
週刊現代 プロフィール

ヤマトHDデンソーの共通項は

今回、識者につけてもらった◎、○をそれぞれ2点、1点として各企業を点数化した。

結果、1位に輝いたのは東レ。繊維という斜陽産業から業態転換に成功した「変化力」が評価された。

「東レが開発した炭素繊維はこれからは航空機から自動車のボディにまで採用されて需要増が期待できる」(前出・中田氏)

「出世すべき人が出世していて、人事システムもきちんと機能しているため、中長期的な安定感もある」(前出・瀧本氏)

2位はキーエンス。自動化工場での最新鋭センサなどを作る「知る人ぞ知る会社」である。

「キーエンスは世界的に見て同じモデルがないオリジナルな会社。様々な企業から『ここを改善したい』というポイントを集めて、それに対する解決策を提供する力が圧倒的」(前出・大木氏)

 

3位以下は業界・業種に関係なく、リクルートHD、デンソー、ヤマトHDなどが続いたが、共通項は「社会性」。

「リクルートHDは女性の転職、地域おこしなどの社会問題を収益の取れるビジネスにする能力が抜群。デンソーも『移動』というテーマで社会に対してなにができるかを考え、ドローンなどの新しいモビリティ事業を手がけるなど、進取の取り組みに長けている」(前出・名和氏)

「ヤマトHDは高知県のある町で人口減少により需要が減っていたところ、現場の創意工夫で見守りサービスなどを始めて地元に歓迎されている。効率ばかりを求める経営者が増えるなか、地域や社会を考えた経営をする会社が今後は伸びる可能性が高い」(前出・石井氏)

評価された会社、されなかった会社それぞれに明確な理由がある。各企業の採点と評価については表に記載しているので、じっくりご覧いただきたい。様々な会社の「これから」を眺めることで、ニッポンの未来の姿も浮かび上がってくるはずだ。

いしい・じゅんぞう/'47年生まれ。流通科学研究所所長。神戸大学大学院博士課程修了。同大学教授、学長などを経て現職。著書に『マーケティングの神話』(岩波現代文庫)等
おおき・まさみつ/'65年生まれ。ファイブスター投信投資顧問取締役運用部長。早稲田大学法学部卒。日本興業銀行、マッキンゼー・アンド・カンパニー、ドイツ証券などを経て現職
こが・さとし/'59年生まれ。ベンチャーキャピタリスト、チームクールジャパン代表。早稲田大学政治経済学部卒。モンサント、シティバンク、マッキンゼー・アンド・カンパニーなどを経て現職
たきもと・てつふみ/年齢非公表。京都大学客員准教授。東京大学法学部卒。同大学院助手、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て現職。著書に『君に友だちはいらない』(講談社)
なわ・たかし/'57年生まれ。一橋大学大学院国際企業戦略研究科特任教授。東京大学法学部卒、ハーバード大学MBA取得。三菱商事、マッキンゼー・アンド・カンパニーなどを経て現職
なかた・やすお/'43年生まれ。元カルビー社長。慶應義塾大学大学院修士号取得。宇部興産、三菱レイヨンなどを経てカルビー入社。同社で創業家以外初の代表取締役社長に就任
なかの・はるひろ/'63年生まれ。セゾン投信代表取締役社長。明治大学商学部卒。西武クレジット(現クレディセゾン)を経て現職。著書に『預金バカ』(講談社+α新書)等
なるけ・まこと/'55年生まれ。インスパイア取締役ファウンダー。中央大学卒。日本マイクロソフト代表取締役社長などを経て現職。著書に『本棚にもルールがある』(ダイヤモンド社)等