鈴木敏文という天才——セブンイレブンのすべてをつくり、追われた男

その「才能」と「限界」を語り尽くす特別座談会
週刊現代 プロフィール

営業経験も販売経験もなし

磯山: 大型スーパーが全盛の時代に、コンビニを日本に持ってくるという話から始まって、家で作るのが当たり前だったおにぎりを店で売ったり、ATMだけの銀行を作ったり、どれも最初は周囲が反対した例ですね。

それでも鈴木氏は、反対を押し切ってワンマン経営を進めて成功してきた。ただ、株主など企業の利益を共有している人たちへの「アカウンタビリティ(説明責任)」が求められる風潮が日本でも広がってきて、鈴木氏の経営手法はだんだんと時代に合わなくなってきていたのも事実です。

勝見: 彼は一対一になると口下手で人見知りなのです。自分の発案を懇々と部下たちに説明するタイプではなく、誤解を生むことも多い。誰にでもわかる一般理論から説く「形式知」の人ではなく、常識とはかけ離れたところから優れた発想をする「暗黙知」の人なんです。

信田: 伝えたいことがあるのに、口下手で説明しきれないということは、たしかにありました。だから社員も話を聞くときは、鈴木氏が何を言いたいのか、「行間」を読むのに必死でした。

磯山: そうやって「空気を読む」風土は、非常に日本企業らしい。それでうまく経営が回っているときは問題ないし、社内で価値観が共有できているのは大切なことです。会社が大きくなり、ステークホルダーが多様化してくると、そうもいきませんが……。

勝見: 鈴木氏は上がり症で、昔、イトーヨーカ堂の店頭に立った時も無愛想で、「お前が立っていると喧嘩を売っているみたいだ」と言われたほどです。店頭での販売や営業の経験もほとんどない。

磯山: それで、日本の小売りの業界に革命をもたらしたのですから、すごい話ですね。

勝見: 鈴木氏は自分は「客の心理がわかる」という自信はあったし、それが小売りという商売で一番大切だということをよくわかっていた。

セブンイレブンのすごいところは、そのような鈴木氏の思考法を会社全体で共有していることです。例えば、セブンイレブンの強みのひとつに「単品管理」という手法があります。これは、商品の売れ筋について仮説を立てて発注し、POSを使って販売データをチェックし、仮説を検証することで次の発注の精度を高めていくという手法です。この仮説と検証というサイクルは、全国すべての店舗で実践されています。

私が取材していても、OFC(店舗経営相談員。フランチャイズ加盟店に対して経営コンサルティングを行う職種)や店舗オーナーたちが、みな鈴木氏と同じ話をするんですよ。まるで金太郎飴のようです。「お客のためでなく、お客の立場で考える」「最大の競争相手は、お客のニーズの変化である」といった鈴木イズムが隅々まで行きわたっている。このことがセブンイレブンの強みだと思います。

信田: 私はOFCとして、しばしば鈴木氏の謦咳に接する機会がありました。セブンイレブンでは毎週火曜日朝11時から30分ほど、全国からOFCが集まる会議が開かれて、鈴木氏のスピーチがあります。そこで鈴木イズムが徹底的に叩き込まれる。