独占告白「私が弁護士のイチモツをチョン切るに至るまで」〜浮気した妻とは仲直りできました

週刊現代, 齋藤剛 プロフィール

被害者のB氏は事件数日後には仕事に復帰。本誌が職場近くで声をかけた際も、終始落ち着いた様子で記者の質問を受け流し、去っていった。

そんなB氏の姿を伝えると、小番氏は複雑な表情を浮かべた後、こう口にした。

「タフだと思います。やはり、(弁護士は)タフじゃないとできないですよね。ただ、いま僕が言えるのは申し訳ない気持ちでいるということだけ。被害者とは示談が成立しているので、それ以上はちょっと……」

道ならぬ情事の結果、男の象徴を失ったエリート弁護士。そして、犯罪者となった弁護士の卵。二人の男の人生を狂わせた事件の引き金が、小番氏の妻・A子さんだったことは明らかだ。

3月18日に開かれた第4回公判では、A子さんの供述調書が読み上げられたが、冷酷とも言える内容に、傍聴席がざわつく場面があった。

〈実家にいるのが窮屈で逃げたかった。「結婚なんて紙っぺら一枚だ」と思い、深く考えなかった。だが、見込みが甘かった。一騎は収入がなく、ケンカになった。猫を飼っていたが、あるときから夫もペットと同じと思えば腹が立たないようになってきた〉

〈一騎への思いは事件後も変わらないが、騒ぎになったので、せめて名字だけは変えたい。リセットして海外で美術の勉強をしてみたい〉

夫との結婚生活への未練がないことを示す証言。だが一方、小番氏からは、「事件の元凶」となった妻に対する恨み節は一度も出てこなかった。

取材の途中、「外に出たら最初に食べたかった」という小番氏のリクエストで、都内の味噌ラーメン屋へ向かった。そこでA子さんの話題になると、仲睦まじかった頃を思い出したのか、ラーメンをすすりながら目を細めてこう語った。

「妻との出会いは東日本大震災のボランティア活動です。もっとも、被災地で恋愛関係に発展したわけではなく、東京に戻った後の飲み会からですが(笑)。当時、僕は大学1年でした。

妻が世間からどう見られているか。それは理解しています。僕に同情する声もあることもわかっています。妻抜きには語れない事件ですからね。でも……それでも僕は、妻を愛しています。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/