2016.05.11
# 本

日本人が「移動」しなくなっているのはナゼ? 地方で不気味な「格差」が拡大中

大都市と地方の、幸福と不幸
貞包 英之 プロフィール

大都市暮らしと地方暮らし

こうした加藤の軌跡は、「移動」にかかわり現在せり上がりをみせているひとつの動きを照らしだす。ある地方に留まる、または大都市に定住するのではなく、地方を渡り歩きながら暮らしていくこと。

それは大都市の世知辛さも、生まれた地方都市に留まるしがらみも回避するうまいやり方なのかもしれない。ただし他の生き方に比べて、そうした暮らしがよりマシとは即断できない。

少なくとも加藤にとっては、そうではなかった。現住地でのかかわり以上に、ネットの関係にこだわる生き方は、彼を無差別殺人という破局へと連れ出していく。

だとすれば地方暮らしがいいのか、東京暮らしがいいのか、または地方を転々とする第三の道がいいのかは、一概には判断できない。たしかに大都市の生活も、地方の生活も、いまでは住環境や買い物環境、あるいは情報環境が整うことで、いっそう「快適」なものになっている。実際、だからこそ地方だけではなく、大都市からあえて出ようとする人口も以前と比べれば減少している。

ただしそうした地域に根ざした暮らしがバラ色というわけではない。「快適性」の増大は、移動をむずかしく、また階層的に限られたものにすることで、地方と大都市をますます互いに孤立させている。

そうしてどこか別の場所に移住することがいっそうむずかしくなる結果、生まれや学校や交友関係によって決められた「カースト」をぬけ出し、ちがう自分になる可能性が、大都市からも、地方からも奪われているのである。

犯罪者たちの生は、こうした現代都市の生きづらさをよく浮かび上がらせる。たとえば木嶋佳苗や三橋香織の軌跡は、移動を抑制する時代の流れや、生まれた地域――地方にしろ大都市にしろ――で満足すべきという社会の黙契に逆行した場合、「快適性」をふたたび手に入れるためにかなり厳しい努力が必要になることを照らしだす。

それらの生にはたしかに「極端」なところがあり、わたしたちはそれを批判し、非難することで、自分の生と無関係なものであるかのようにしばしば装う。

しかし一方では犯罪者たちの必死の生は、移動が減少している社会の抱える困難や生きづらさを教える重い実験結果としてあるといえよう。つまりそれは地方で暮らすにしろ、大都市で生まれたにしろ、時代や地域の制約を超え「幸せ」を追求したとき、わたしたちが遭遇するかもしれない限界をあらかじめ指し示してくれているのである。

貞包英之(さだかね・ひでゆき)
山形大学准教授。1973年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻博士課程単位取得満期退学。専攻は社会学・消費社会論・歴史社会学。著書に『地方都市を考える 「消費社会」の先端から』『消費は誘惑する 遊廓・白米・変化朝顔~一八、一九世紀日本の消費の歴史社会学~』など。

関連記事