2016.05.11
# 本

日本人が「移動」しなくなっているのはナゼ? 地方で不気味な「格差」が拡大中

大都市と地方の、幸福と不幸
貞包 英之 プロフィール

事件があきらかにするもの

以上のような彼女たちの軌跡が照らしだすのは、まず、①現代の「上京」が過去に比べ独自の困難を背負っているという現実である。かつて永山は上京し、苦しい暮らしを積み重ねることを恐れなかった。

地方での貧困に比べれば少しでもましな暮らしが待っているように期待されたためだが、現在そう思える人は少ないだろう。いまや地方の暮らしはそれなりに「快適」なのであり、逆に東京では、すでに住宅やコネをもつ者とのシビアな競争が求められる。そのなかで特別の「才能」や資産、そして自分に対する自信を持たない人が、わざわざ上京することをためらうのも当然といえる。

ただし上京する者が皆無なわけではない。量としては半減しつつも、木嶋佳苗や三橋香織のように「上京」する人びとは現在でもいる。そのことは逆に、②置き去りにされた地方の生きがたさを照らしだす。

なぜ木嶋佳苗や三橋香織は地方での暮らしを捨て、上京したがったのか。その理由は具体的にはあきらかではないとしても、彼女たちが地方に居心地の良い場所をみつけられなかったことは事実であり、そこに「快適」さのなかで閉塞していく地方の生きづらさが透かしてみえる。

次世代の移動者:加藤智大

上京すること、地方に留まることは、今ではこうしてそれぞれの困難を抱えている。だからこそ、その二者択一を相対化する道も浮上している。

先に大都市に向かう移動が減少していることをみたが、それはあくまで県を出る長距離の移動にかんしてであり、県内、または地方の中核都市へと向かう近距離の移動は実はかならずしも減っていない(国勢調査)。

そのことは、大都市を目指さず、しかし生まれた場所に留まることで生じるしがらみを地方間の移動によって回避する動きが、現在一定数選択され始めていることを浮かび上がらせる。

それを極端なかたちで示すのが、木嶋佳苗や三橋香織の次の世代、「秋葉原事件」を起こした1982年生まれの加藤智大の移動の軌跡である。

加藤は青森の高校を卒業した後、岐阜県の短大に入学。卒業後は仙台、埼玉、茨木などで非正規の職を転々として暮らしている。しかしその暮らしは、彼自身の手記(『解』)では、かならずしもつらいものと描かれていない。

加藤は地方の工場で、好きな自動車にかかわるそれなりに満足できる仕事をみつけられたのであり、だからこそ事件を起こすまで、加藤は東京にはたまに買い物に訪れるのみで、地方を転々としながら暮らしていた。

関連記事

おすすめの記事