「持ってる男」マエケンは「メジャー200勝」できるレベル

2ケタ勝利は当然として
スポーツコミュニケーションズ, 佐野慈紀
【PHOTO】gettyimages

今後も好調を維持するためには、コンディション管理に気をつけることです。メジャーは移動も多い上に、プロ野球に比べて登板間隔が短い。投げた後のケアは特に大切です。

ドジャースは3年連続で地区優勝している強いチームなので、コンディション管理さえきちんとできれば1年目から2ケタ勝利する可能性はかなり高いと思います。
 
マエケンをメジャーの選手に例えると、流石に通算355勝の技巧派投手のグレッグ・マダックス級とまではいきませんが(笑)、通算213勝154セーブを挙げたジョン・スモルツ級でしょうね。

スモルツはサイ・ヤング賞1度(96年)、最多勝2度(96、06年)、最多奪三振2度(92、96年)など数々のタイトルを獲得した大投手です。彼とはストライク先行で攻めていく姿勢が似ています。
 
チームには6年連続2ケタ勝利を挙げているエース左腕のクレイトン・カーショーがいます。MLB歴代5位タイの3度のサイ・ヤング賞(11、13、14年)投手がいるので、すぐにチームのエースになるのはなかなか難しいと思いますが、いつかはそこを目指して欲しいですね。

今はローテーション3番か4番目なので、コンスタントに良い結果を残して「エース級」に成長することを期待しています。

佐野 慈紀(さの・しげき)image
1968年4月30日、愛媛県出身。松山商−近大呉工学部を経て90年、ドラフト3位で近鉄に入団。その後、中日−エルマイラ・パイオニアーズ(米独立)−ロサンジェルス・ドジャース−メキシコシティ(メキシカンリーグ)−エルマイラ・パイオニアーズ−オリックス・ブルーウェーブと、現役13年間で6球団を渡り歩いた。主にセットアッパーとして活躍、通算353試合に登板、41勝31敗21S、防御率3.80。現在は野球解説者。