これまでの文章術に欠けていた「たった一つのこと」

『論理が伝わる文章術』前書き


理解してもらえなければ意味がない!
実践的な「文章の書き方」をマルゴト解説

これまでの文章術に欠けていたもの、それは書きはじめる前に必要な「論理的に考える」作業です。この作業は文章を「読み取る」力とも密接にかかわっています。豊富な事例と、詳細な解説で、文章を完成させるまでの手順が身につきます。

まえがき

この本は、日本語を使った論理の扱い方、つまり論理的文章の読み取り法と作成法を、できる限り具体的に説明しようとするものです(この本でいう論理とは、客観的な「事実」をもとに一般化・抽象化していく帰納的な方法です)。

このような分野では、木下是雄『理科系の作文技術』や本多勝一『日本語の作文技術』などの著書がすでに数多くあります。

しかし、それらの大半は文章の読み取り法を説明していません。また作文技術ではテーマが限られ、表現の解説では不十分な点があります。なにより、論理の進め方にはほとんど言及されていません。これらの欠落を補うことを目的として、この本を執筆しました。

本書の第1の特長は、読み取り法をかなりくわしく説明していることです(第2章)。最終的には論理的文章を作ることを目指すのですが、いきなりは無理です。先輩たちの作法を学ぶ必要があります。そのための読み取り法なのです。これも高校までに教わった人は少ないでしょう。もちろん、こんなことは百も承知だとおっしゃる人は読み飛ばしてもらって結構です。

第2の特長は、論理的に考えるという作業を、それぞれの段階でくわしく説明していることです(第4章)。その作業過程を十分に理解して下さい。この作業の結果を記す作成法(第5、6章)は、いってみれば読み取り法(第2章)のベクトルを180度回転したものです。

このように、読み取り法と作成法はたいへん密接な関係にあります。これらをともに説明しようとするのが、この本の最大のネライです。いわば、日本語を使った論理の「受信法」と「発信法」をマルゴト説明しようとする本なのです。

自然言語を理解・運用する能力も重要

そもそも、日本語などの自然言語を使って論理を扱うのは、日常のさまざまな場面において避けられません。たしかに正確な論理という点では、数学などの人工言語を用いる方がはるかに優れています。

ですから、いわゆる理系の各領域や論理学などでは、数式や記号で説明することがほとんどです。理系の実験レポートなども数式や記号が中心となるでしょう。そういえば、理系学部の入試でも国語(日本語)はあまり重んじられていません。だから、日本語を論理的に扱うことなど必要ないと考えていませんか。

しかしながら、つねに一定せず複数の顔を持つあいまいな現実世界では、数学などの人工言語が対応できる領域は非常に限られたものとなります。やはり、あいまいな日本語を使って、不正確でも論理的に考えねばならない場合が圧倒的に多いのです。