2016.04.10
# 本

カラスはかわいい鳥です!! 「カラス萌え」の専門家が書いた入門書がおもしろすぎる

先生には縄張りが見えるんですか?

―東京駅の真ん前にもカラスの縄張りがあるそうですね。縄張りって見えるものなんですか?

松原 見えます。たとえば、別のカラスが侵入すると追いかけてきます。ここまで行ったらすっと引き返すとなれば、そこが縄張りの境界。双方の縄張りから出てきてケンカする、そこが境界。どこまで守ろうとしたか、ラインを切っていくとわかります。

―その間、ずーっと見てないといけませんね。

松原 二日、三日見てるとわかりますよ。ケンカしてくんないと困るけど(笑)。猫が入ってきても嫌がります。巣の近くは嫌がられている人間も立ち入り禁止です。他のカラスと猛禽、絶対立ち入り禁止、フクロウ不許可。

―人を警戒するのは巣のまわりだけですか?

松原 基本、人間は巣の真下以外はフリーパス。敵扱いではない。巣の近くにいてガン見してると嫌がりますけどね。巣のまわりは、犬、猫、人間も立ち入り禁止です。

縄張りは、街中の混み合っているところはけっこう厳密です。道路や線路など線として見えるものを境界にしてますね。京都で見てたときも川の堰堤が境界で、この橋までとか、そんな感じでしたね。

東京の都心でもビル単位で縄張りが分かれていますよ。新丸ビルの壁からTOKIAビルまでとか、線路の真ん中までくると八重洲側の縄張りになるとか。お気に入りの見張り場もあります。ヤンマービルの上。工事前の丸の内の換気塔。東京駅の避雷針……。

―見張り場と巣は近いんですか?

松原 巣の近くでは見張らないです。バレちゃうので。見張り場は巣をふくめて見晴らせるところを選びます。ここ入っちゃダメ、とギャーギャー言うところが巣です。言わなきゃバレないのに。まるで人間の子供が何も隠してないもん、と言い張るようなもんです(笑)。

何か隠してるでしょう、餌を持っていってるでしょう、とあたりをつけていくと、枝の隙間に黒い塊が見えていて、針金出てます、はい、巣ありました〜、という感じです。

―猫相手に威嚇するときは、どうするんですか?

松原 鳴くのは一緒、蹴り飛ばしたりはしないな、かすめて飛ぶくらいでしょうか。結構、猫って強敵だから。ハシボソガラスだと、後ろで雌がガーガー言って、雄を行かせたりする。ホントに危ない相手には雄を行かせるんですね。スイスでそういう研究もあります。もっとも、雌が後ろで鳴いているほうが雄は頑張るようですよ。

―雄か雌が一羽だけになってしまうと、縄張りは?

松原 子育てはペアの二羽がいないと無理でしょうね。縄張りの維持だけなら雄一羽でなんとかなりますし、家付き独身雄には、わりとすぐに雌が来てくれるようですね。雌一羽だけだと戦闘力が足りないみたい。若い奴らが殴り込んでくる。

関連記事