中島みゆき『時代』が今日も歌い継がれる理由
~縁の深い3人が、その答えを出した

人生すら変えてしまう曲がある

田家 なるほど。八神さんは東日本大震災以降、被災地を回りコンサートを開かれていますよね。そこでよく『時代』を歌われている。どのような経緯であの曲をカバーするようになったのですか。

八神 被災地を訪ねるなかで、ある町長の「中島みゆきの『時代』が聴きたいな、来てくれないかな」という言葉を人づてに聞いたのがきっかけです。それならば私が歌わせてもらおうかなと(笑)。私、カラオケを持って被災地を回っていましたから。

上柳 ご自身で『時代』を歌われるようになって、あの曲の存在をどう感じるようになりましたか。

八神 被災地でコンサートをするうちに、『時代』という曲の持つ力を痛感するようになりました。コンサートというのは毎回雰囲気が違うもので、みんなとうまくつながることができないなと感じる瞬間もある。でも、そういうときに『時代』を歌うと、すぐに聴く人たちと一緒になれるんです。

田家 それこそが『時代』の懐の深さですよね。誰にだって生きていれば辛いこと、悲しいことがあります。『時代』は、誰もが経験したことのある人生の苦境を歌にしている。とても普遍的な歌詞であり、メロディです。

八神 そう思います。東日本大震災の前と後では日本はずいぶん変わってしまいました。その状況で〈今日は別れた恋人たちも生まれ変わってめぐりあうよ〉というフレーズを歌うと、震災前には考えもしなかった意味を持ちますよね。『時代』というのは、時、場所によってその姿を変えながら、聴いた人を励まし続ける歌なんです。

田家 悲しいことがあるけども立ち上がって歩きだすという歌詞も、当てはまらない人はいない。

八神 岩手県一関市の千厩でコンサートをしたときに、あるお医者さんご夫婦が来られたんですね。そのご夫婦は被災して病院も自宅もすべて失い、絶望して「もう死のうか」と思いながらコンサートに来られた。そのときも私は『時代』を歌ったんですが、コンサートが終わると、「また病院を建てよう」と思い直したそうです。

上柳 そういえば、『オールナイトニッポン』の担当になってしばらくして、ふとみゆきさんが番組で『時代』をかけないことに気づいたんです。なんでだろうと思ってディレクターに聞いたら、「『時代』をかけると『私のためにかけてくれてありがとう』っていう人が多すぎて困るんだよ」と言っていました。「この曲は自分のためだけに中島みゆきが届けてくれたんだ」と感激するリスナーが多く、意味を持ちすぎて軽々しくかけられないというわけです。

実際、私はいまだに番組で『時代』がかかると、つい身構えてしまいますよ。若いディレクターなんか気軽にポンと『時代』を選曲しますけど、そのたびに僕は「そんなに簡単に流して!」と思ってしまう。言いませんけど(笑)。

田家 曲をかける時期やタイミングを読み違えると、影響力が大きいだけに意図したものと違った受け止め方をされてしまう可能性もあるのでしょうね。