がんの名医が選ぶ「私が診てもらいたいがんの名医」50人

【保存版リスト】がんになったらここに行け!
週刊現代 プロフィール

例えば、がん研有明病院の佐野武先生。胃がん手術のエキスパートであるのはもちろんのこと、がん治療のチームが病院内にそろっているので、内視鏡や放射線、化学療法などの治療のオプションも多いと思います。

一方、内視鏡手術では静岡がんセンターの小野裕之先生。従来の内視鏡手術では取りきれなかったサイズの病変を粘膜下層から切除できるESDという技術の開発に携わってきた人です」

肺がん手術のスペシャリストである順天堂医院の鈴木健司教授は、「がん患者はつねに『勝ち戦』を望んでいる」と語る。

「だから、私たち医師はとにかく『勝ち戦』を考えることが重要です。例えば、放射線療法や化学療法を行っても病巣が消失しなかったり、再発したりすることがあります。そのときに行う手術を『サルベージ手術』といいますが、そのような難しい手術に果敢に挑む医師は『勝ち戦』ができる人です。例えば、京都大学の伊達洋至先生や広島大学の岡田守人先生は、そういう治療に取り組んでいます。

がん治療にはガイドラインがあって、標準的な治療の指針がありますが、それを踏まえた上で患者の治療を調整する医師も頼りがいがある。日赤医療センターの國頭英夫先生は、普通だと緩和ケアを勧められるような患者さんに対してもフレキシブルに化学療法を行っています」

がんの治療法をめぐっては、手術にするか、放射線にするか、医師たちによる「綱引き」が行われる場合も多い。

「その点、神奈川県立がんセンターの放射線科医、中山優子先生は、『手術が適した症例は手術をお勧めする』というスタンスがはっきりしています。こうした治療法の見極めも、『勝ち戦』のためにとても大切なことです」(鈴木教授)