# AD special

ジタバタか、本気か〜迷走中のフジテレビ、まさかのネットに活路!?

提供/フジテレビジョン

視聴率低迷や業績悪化といったニュースが多いフジテレビが、2005年に開始した動画配信サービス「フジテレビオンデマンド(FOD)」が注目を集めている。会員数が急激に増え売上が拡大し、民放では最大手となっているからだ。地上波では苦戦している同社によるデジタルサービスの展開を、執行責任者である野村和生氏に聞いた。

フジテレビの番組がスマホで観れる

現在、会員数が増加し業績絶好調の動画サービスがある。フジテレビの動画配信サイト『フジテレビオンデマンド(以下「FOD」)』だ。

同社コンテンツ事業局の野村和生氏が話す。

「動画配信サービスが盛り上がり始めたきっかけは、2012年頃からLTE(当時主流だった3Gをより高速化させた携帯電話通信規格)が普及し始めたことです。動画をスムーズに見られるようになり、コンテンツメーカー各社が、一気にスマートフォン向けのサービスに乗り出しました」

なかでも、FODは大きな特徴を持っている。PCやスマホでフジテレビ系テレビ局の人気番組がみられるのはFODだけで、他の動画サービスでは観ることができない。(一部の番組を除く)

たとえば時代劇『鬼平犯科帳』シリーズ。現在、1989年に放送された第1シリーズから全138話が視聴可能で、「鬼の平蔵」の活躍を再び目にすることができる。さらには、一つ屋根の下での共同生活を送る男女たちを追った「リアリティバラエティ」の傑作『テラスハウス』、アイドルたちの挑戦と奮闘を描くバラエティー『TOKYO IDOL TV』などなど、新旧取り混ぜ、人気コンテンツが勢揃いしているのだ。

「しかも、いま放送中のドラマやバラエティの一部も、オンデマンドで楽しめます。FODでは、地上波での放送後約7日間、無料視聴できる『プラスセブン』サービスを実施しているのです。どこかで話題になって『観たかったな』と思ったら、あとから観ることができるのです。しかもオンデマンドだから時間の場所の制約を受けることなく、いつでもどこでも番組をご覧いただけます。」(野村氏)

フジテレビ「ゼロテレビスタジオ」にて

報道の裏話や、クリエイターこだわりコンテンツも

人気の理由はそれだけではない。FODオリジナルの番組も評価が高いのだ。

たとえばオリジナルアニメ『オシリスの天秤』。殺し屋である主人公と、 ターゲットの会話で構成される斬新なサスペンスだ。しかも、約5分1話完結型だから、スキマ時間に楽しめる。

野村氏が話を継ぐ。

「私のオススメは『VIRGINS~ハジメテに乱れる女たち~』ですね。恋愛経験が乏しい‘彼氏いない歴=自分の年齢’な女性に、イケメンと夢の時間を一緒に過ごす、少女マンガのようなシチュエーションを妄想してもらいます」

「その後、何も知らされていない女性が、公園や合コンなどの実生活で、妄想したイケメンとの夢のストーリーが、リアルで展開されるんです。女性のあのリアクションは、絶対に演技じゃできません。観察していると、本当にドキドキしてきますよ。名付けて“恋愛フェイクドキュメンタリー”です」(野村氏)

「VIRGINS~ハジメテに乱れる女たち~」
女性が一度は憧れる、イケメンとの出会いや告白、三角関係など少女マンガのような恋愛を何も知らない女性が実際に経験していく。
FODは同社が誇る新進気鋭のクリエイターたちが、自分のアイデアを世に問う場にもなっている、というわけだ。

「さらには、“24時間・生放送”の報道チャンネル『ホウドウキョク24』も人気です。報道記者が地上波で報道しているのは取材した内容のごく一部で、自分の目で見て、体感した事実のほとんどは世の中に出ていません。そこで、時間の制約なく記者が自由に語れる場にしようと『ホウドウキョク24』を始めたところ、我々も『そんな真相があったのか』と驚く話がいくつも飛び出し、視聴者からも大きな反響を得ています」

ここに、FODの会員が増え続けている理由がある。とにかくコンテンツがリッチなのだ。

たとえば過去の番組だけでなく、一部地域でしか放送されていない作品も見られる。また、野球やサッカーなどのスポーツLIVE中継に加え、アナウンサーのオリジナル番組など、ラインナップが充実し続けているのだ。

しかも、映像だけではない。フジテレビが出版社と契約を結び、幅広い分野の雑誌74誌が追加料金なしで読み放題のサービスも行っているのだ。同様に、人気コミックなど、約15万冊の電子書籍版も購入し、読むことができる。

番組コンテンツのマルチユース

胸キュンスカッと~告白ゲーム~ 前編

ここから新しいビジネスも生まれている。

「たとえば『胸キュンスカッと』のコミカライズです。視聴者から募集した、胸がスカッとする話をショートドラマ化する『痛快TV スカッとジャパン』という人気番組があります。そのワンコーナーで男女の恋を描く『胸キュンスカッと』の人気が高かったので、これをコミック化したんです。もちろん、FOD会員は電子書籍としてお読みいただけます」

さらには、使い勝手もいい。有料コンテンツもフジテレビID会員であれば、最大1カ月は無料で楽しむことができる上、無料コンテンツも充実している。先に野村氏が話した『プラスセブン』は誰でも無料で視聴可能だ。だから自分のスマートフォンを使い、どんな使用感で見られるのかを確認しつつ、人気番組のみ逃し視聴など無料コンテンツだけを楽しむことも可能だ。しかも「パケットをあまり使いたくない」方のために、低画質で視聴できるモードも準備されている。

「これだけ様々な要素が揃って、FODの月額料金は300~2000円(税抜)。例えばアニメが好きな方は、月額350円(税抜)のアニメ見放題コースに加入すると、FODのアニメが見放題になるほか、雑誌読み放題や、期間限定の無料マンガなども付いてくるのでかなりオトクです。有料会員はもうすぐ100万人に達しようとしています。我々はこれが、エンタテインメントを楽しむ、新たなスタイルの一つになっていくと思っています」

“テレビを見る”と言いながらスマートフォンで見ている……そんな時代はすぐそこ、でなく既に到来していたのかもしれない。

提供/フジテレビジョン