3人以上殺害か!?「川崎老人ホーム転落死事件」に驚愕の新証言

元同僚が明かす今井容疑者の“闇”
中村 淳彦 プロフィール

筆者もかつて、人格障害の疑いのある人物に大きな被害を被った経験があるが、多くのケースで彼らの仕事ぶりは優秀だ。危険人物という事実は、事件が起きて誰かに被害が及ぶまでわからない。

それに対処するには、大きな事件が起こる前に気づき、たとえ労働基準法に違反しようが、高齢者が生活をする介護現場から排除するしかない。「Sアミーユ川崎幸町」で起こった一連の事件は、上層部にその知識がなく、気づくのが大幅に遅れたことに原因があるのではないか。

今回の飯山氏の証言の真相は今後の捜査に委ねられるが、混乱するばかりで対応が遅れてしまったがために、次々と取り返しのつかない事件が連鎖してしまったのである。

(つづく)

中村淳彦(なかむら・あつひこ)東京都生まれ。アダルト業界の実態を描いた『名前のない女たち』『職業としてのAV女優』『日本の風俗嬢』『女子大生風俗嬢』『ルポ中年童貞』など著書多数。フリーライターとして執筆を続けるかたわら介護事業に進出し、デイサービス事業所の代表を務めた経験をもとにした『崩壊する介護現場』が話題に。最新刊は2月25日『熟年売春~アラフォー女子の貧困の現実』(ミリオン出版)。